便秘解消におすすめの酵素デトックスコース【出張可】お腹の悩みと向き合う
酵素デトックスコース

美脚エクササイズでデニムをおしゃれに履きこなそう

2018.03.05 (月)

美脚作りを目的としてジムでエクササイズをしている人もたくさんいます。美脚になりたい理由を聞くと、「ジーンズを履けるようになりたい」という理由が多いです。

 

 

私も学生時代はサッカー部だったので、太ももが太いです。全体的な印象は細くみられますが、実は一般男性以上に太ももの筋肉にボリュームがあります。そして日本人にありがちな胴長短足の体型ということもあり、学生時代から脚の短さと、太ももの太さが悩みでした。

 

 

そんな私が太ももの悩みをカバーするために行っているエクササイズと、デニムをきれいに履くためのポイントを紹介します。

 

 

美脚におすすめのエクササイズ3つ

 

1.太くならないスクワット
スクワットはフォームによって、太ももの前や後ろなど鍛えられる場所が変わります。太ももの前側が発達してしまうと、さらに脚が太くなってしまう可能性があります。スクワットを行なうときは、かかとに重心をかけながら、もも裏を使うようにしましょう。ポイントは股関節を先に動かし、お尻を後ろに突き出してから、膝を曲げます。

 

 

 

2.ゾウさん脚にはカーフレイズ
ふくらはぎが浮腫んでいる場合は、カーフレイズを行いましょう。血行を良くし、足首からふくらはぎをすっきりさせます。体勢が不安定になりやすいので、はじめての方は壁に手をついて体を安定させながら行いましょう。慣れてきたら、かかとを常に浮かせた状態で行うと、より効果的に引き締めることができます。かかとが外に向いてしまうと、ふくらはぎの外側にボリュームが出てしまいます。かかとを真上に持ち上げるように心掛けましょう。

 

 

 

3.内もものたるみを取る運動
デニムを履いたときに、内もものたるみが気になる場合は「内転筋」という筋肉を鍛えましょう。内転筋はボリュームのある筋肉ではないので、しっかりと負荷をかけながら行なっても大丈夫です。ジムで行なう場合はフィットネスボールを膝で挟み、自宅で行なう場合はクッションや枕を膝に挟みます。そのまま内ももを意識しながらボールをつぶしていくと、内転筋が鍛えられ、内ももがすっきりします。

 

 

 

ファッションコーディネートの注意点

1.スキニーよりもテーパード

 

写真のように太めのジーンズを履くと、脚が太く、短く見えてしまいます。できるだけスリムなシルエットのものを選びましょう。しかし、脚が太い人がスキニーデニムを履いてしまうと、太ももがパツパツになります。短足にも見えてしまいます。

 

 

私のおすすめはテーパードデニムです。テーパードというのは、足首に向かって細くなっているものです。太ももの太さに悩んでいる人でも、スリムに見えて足長効果が期待できます。

 

 

2.同系色で合わせる

 

黒パンツ×黒シューズのようなイメージです。まったく同じ色でなくても、ダークカラーなどで合わせるだけでも印象が変わります。逆にコントラストがはっきりしているもの(白パンツと黒シューズなど)は脚が短く見えてしまいます。

 

 

上下の合わせ方も同じです。トップスとボトムの境目がはっきりしているコーディネートは脚の長さが強調されてしまうので気をつけましょう。写真のように同系色で合わせると、足長効果が期待できます。

 

 

3.ロールアップやアンクル丈は短足に見える

 

ロールアップやアンクル丈は目の錯覚により、脚が短く見えます。とはいえ、ファッション的に履きたい人もいるでしょう。

 

 

そのような時は、写真のようにロールアップの幅を狭めにします。幅を狭くすると大人っぽくキレイめな印象になります。ロールアップの幅が広い(太い)と、脚が短く見えて、幼い印象になってしまうので注意しましょう。

 

 

美脚の黄金比率とは?

下半身太りにお悩みのあなたは下半身のどの部分を細くしたいですか?「太ももがパンパンに張っていて…」「ふくらはぎがむくみやすくて…」「足首にクビレがなくて…」など、人によって悩みが違うと思います。

 

 

気になるところと集中的に行うのも良いですが、美脚作りには黄金比率があります。太もも・ふくらはぎ・足首が、5:3:2のバランスです。スリーサイズを計った事がある方は多いかと思いますが、脚のサイズを計った事がある方は少ないのではないでしょうか。

 

 

美脚になりたい方は、まずは3ヵ所のサイズを計り、どの部分を引き締めるべきか考えてみましょう。引き締める場所が決まれば、エクササイズ内容も決まります。バランスが整うと、それだけでキレイに見えます。

 

 

冬は寒くて血行が悪くなるので、下半身太りの原因にもなります。あなたの脚の引き締めるべきポイントをおさえ、より具体的な脚痩せダイエットを行っていきましょう。

 

 

スポーツクラブでは教えてくれない
フィットネスの豆知識はこちら

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 美脚エクササイズでデニムをおしゃれに履きこなそう

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP