ダイエットの意志が弱い人でも痩せられる、時間の使い方のコツ

2017.08.08 (火)

ダイエットの意志が弱い人は、具体的な期限を決めていないケースが多いです。パーキンソンの法則というものをご存知でしょうか。これは、人は与えられた時間を満たすまでは終えることができない(与えられた時間をすべて使ってしまう)というものです。

 

 

たとえば、夏休みの最後に慌てて宿題をしたり、テスト前日に一夜漬けで勉強をした経験はないでしょうか。もっと早くから始めていれば直前になって慌てることはなかったものの、ついつい先延ばしにしてしまうのです。

 

 

ですが人は期限が迫ってくると集中力が高まり、本気度が上がります。意志が弱い人でも、切羽詰まった状態・後がない状態では普段よりも力を発揮しやすいのです。

 

 

ダイエットでいえば、健康診断の直前になってから慌てて禁煙をしたり、お酒を控えようとする人を見たことはないでしょうか。1年に1度しかない健康診断に向けて、日頃の不摂生を短期間でまとめて調整しようとします。

 

 

スポーツジムでは夏前の5~6月に利用者が増えます。これも薄着になったり、海やプールで水着になるために短期集中でダイエットをします。これはあまり良いダイエット法とは言えませんが、ダイエット初心者はこのような短期間から始めてみても良いでしょう。

 

 

ダイエットの意志が弱い人は、この期限を決めずに「いつか痩せたい」「そのうち痩せられたらいいな」と考えてしまいます。期限がないのでズルズルと時間だけが経過してしまいます。そしてダイエットの効果を実感する前に、飽きてしまいます。

 

 

パーソナルトレーニングで成果が出やすい理由の1つに、毎週トレーナーのチェックが入ることが考えられます。レッスン前日になると「明日はトレーナーに体重をチェックされるから、今日は食べすぎに注意しよう」と、必要以上の食事を避けられます。

 

 

またセカンドフィットネスでは、1人あたりのジム利用時間を90分までと決めています。ダイエットをして痩せられる人ほど時間内にきっちりとエクササイズを行い、なかなか痩せられない人ほど時間にルーズになる傾向があります。

 

 

実際にスポーツクラブでは、長時間滞在しているのにあまり運動せず、ダラダラとおしゃべりばかりしている人もいます。そして閉店間際になってから慌てて運動したり、シャワーを浴びたりします。これもパーキンソンの法則です。

 

 

なぜ花嫁さんはダイエットに成功しやすいのか。それは期限が明確に決まっているからです。結婚式の日程が決まっているので、ウエディングドレスを着られるようにスタート時から本気度・集中力が高いのです。

 

 

ダイエットの意志が弱いと感じているあなたは、まずは期限を決めて行ってみましょう。私はダイエットが初めての方には、3ヶ月~1年以内の期限をおすすめしています。

 

 

 

自宅でからだを鍛えられる
エクササイズ動画はこちら

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ダイエットの意志が弱い人でも痩せられる、時間の使い方のコツ

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP