便秘解消におすすめの酵素デトックスコース【出張可】お腹の悩みと向き合う
酵素デトックスコース

猫背を矯正したい男性におすすめのストレッチ

2018.03.07 (水)

猫背を矯正した男性におすすめのストレッチのやり方は2つあります。その場ですぐにできるストレッチと、壁を使ったストレッチを紹介します。どちらでもやりやすい方をお試しください。

 

 

まずはその場でできるストレッチです。背中側で指を絡めるようにして両手を組みます。肘は軽く曲げておきましょう。その状態から手を斜め後ろに伸ばしていきます。より伸びを強くするためにアゴを上げて天井を見ましょう。胸の筋肉が伸びているのを感じながらゆっくりと息を吐きます。

 

 

PhotoGrid_1421726184882

 

 

2つめは壁を使って行います。片手を壁に置きます。ちょうど手のひらが顔の位置、肘が肩ぐらいの高さになるように置きましょう。そこから体をねじるようにしてストレッチをかけます。このストレッチは片側ずつ行うので、伸びているのがより感じやすいはずです。これを左右行ってみましょう。

 

 

PhotoGrid_1421465827101

 

 

大胸筋が硬いと猫背になりやすい

 

猫背になる原因の1つに胸の筋肉の硬さがあります。特にデスクワークのサラリーマンなど、キーボードを操作するときに腕が前に出た状態になります。目線も斜め下を向くため首が前に突き出ます。背中は丸まっているか、背もたれに寄りかかった姿勢になり、腹筋も使われず、胸の筋肉も縮んだままになります。

 

 

胸の筋肉が硬く縮むと、猫背になりやすいだけでなく、リンパが滞ったり、首・顔がむくみやすくなるというデメリットがあります。きれいな姿勢を作ることも心掛けましょう。

 

 

キレイな姿勢作りのコツ

 

 

 

深い呼吸ができるようになるストレッチポール

あなたは普段の呼吸を振り返ったときに、深い呼吸が出来ていますか?それとも浅い呼吸になっていますか?運動不足、姿勢の乱れ、ストレス、疲労などにより、呼吸器が弱まり、浅い呼吸になっている人がたくさんいます。

 

 

浅い呼吸になりやすい人の特徴は、猫背や前傾姿勢の人です。胸郭が圧迫されることで肺の働きが制限され、新鮮な空気が吸えません。特にデスクワークや車の運転などは前屈姿勢になりやすく、1日のなかで長い時間、胸郭が圧迫されている状態になります。

 

 

浅い呼吸になることのデメリットはたくさんあります。
●体調不良になりやすく、回復力が弱まる
●精神的に不安定になり、怒りやすくなる
●肺の働きが悪いと、胸郭が広がらずに、胸や背中の筋肉が使われなくなる

 

 

逆に正しい姿勢で深い呼吸ができる人は、呼吸時に多くの筋肉や骨がスムーズに動きます。それにより内臓や神経が刺激され、働きが良くなります。生命活動が良くなるので、病気にもなりにくく、自然とキレイなスタイルが作れるようになります。

 

 

猫背の人におすすめなのがストレッチポールです。ベーシックセブンを行なうと背筋が伸びてキレイな姿勢を作れます。

 

 

 

 

 

フィットネスクラブでは教えてくれない
ダイエットの豆知識はこちら

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 猫背を矯正したい男性におすすめのストレッチ

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP