ダイエット効率が悪いジム。「スタジオ整理券」の待ち時間

2018.02.08 (木)

先日、吉野家の牛丼を食べるために行列ができているというニュースが話題になりました。ソフトバンクのスマホユーザーなら吉野家の牛丼(380円相当)が1杯無料になるという当日限定のクーポンが配布されたからです。

 

 

このクーポンを持つスマホユーザーが吉野家に押し寄せ、牛丼を無料で食べるために1時間待ちの行列となりました。店舗付近に車の渋滞ができたり、JRの駅員までが整理券を配りはじめるという騒動になってしまったようです。

 

 

以前もミスドのドーナツを食べるために行列ができたというニュースがありました。その時はAUが「三太郎の日」ということでドーナツ2個相当が無料でもらえるとのことで、30分以上の行列ができていました。

 

 

380円の牛丼のために1時間も並んだり、280円のドーナツに30分も並ぶ価値があるかどうかが人それぞれですが、効率的な時間の使い方だと思う人は少ないでしょう。

 

 

もちろんディズニーランドのように「行列に並んでもアトラクションに乗りたい」などサービスに価値を感じていれば良いでしょう。

 

 

しかし「無料サービス」というお得感に釣られたのであれば、スマホ代を安くする工夫をした方がよほどお得です。

 

 

実はスポーツクラブの中でも・・・

 

実はスポーツクラブでもこのようなことがあります。それはスタジオレッスンの整理券です。参加人数が限られているヨガなど人気のプログラムでは整理券が配られます。その待ち時間が30分以上、場合によっては60分以上であることもあります。

 

 

ダイエット効率を上げるなら、その30分や60分で何ができるかを考えましょう。もちろん主婦やご年配の方で時間に余裕があったり、おしゃべりを楽しむのが目的であれば良いかもしれません。

 

 

しかし、ダイエットが続かない人がよく口にする「時間がない」という視点で考えると、やはり効率的な時間の使い方が必要になります。

 

 

待ち時間が長いと体が冷えます。スタジオの前で並んでいる人たちは、肩にタオルをかけたり、その場で足踏みをするなど寒そうにしています。汗が乾いて体温が下がっているからです。これではダイエット効率は下がります。

 

 

ダイエットでは「ジムの滞在時間」と「運動時間」は比例しません。必要な分だけ運動してササッと帰る人もいれば、長く滞在しているわりにあまり運動していない人もいます。もしもダイエット効率を求めるのであれば、時間よりも中身が重要になります。

 

 

 

予約制のジムが増えている

 

スポーツクラブの運営方法も、ネット上でのWeb受付にしたり、行列ができるほど人気のクラスならスクール化することもできます。

 

 

実際に最近では美容院やネイルサロンなどでもWeb予約ができるお店が増えてきましたし、個人経営のヨガスタジオなどコミュニティー化しているところもあります。

 

 

ジムで挫折してしまった方が2回目の挑戦をする「セカンドフィットネス」では、効率よく理想の体になるための工夫をしています。レッスンの待ち時間をゼロにして無駄な時間を省きつつ、しっかりと結果を出しています。

 

 

ジムに通って運動やダイエットをしている人は、仕事の合間に来ている人、ジムの後に子どものお迎えに行く人、エステや美容院など他の予約を入れている人など、1日のスケジュールがジムだけではないからです。

 

 

パーソナルジムでは事前予約ができるので、待ち時間なくレッスンを受けられます。有料プログラムになりますが、お金で時間を買うという感じです。あなたの大切な時間をどのように使うかを考えてみてください。

 

 

 

フィットネスクラブでは教えてくれない
ダイエットの豆知識はこちら

 

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ダイエット効率が悪いジム。「スタジオ整理券」の待ち時間

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

サイト内検索フォーム

気になるテーマのコラムを検索できます。キーワードを複数入れる場合は、スペースで区切って検索してください。

おすすめコラム

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP