必見!ダイエット中の炭水化物の摂取量の目安とは

2017.08.09 (水)

ダイエット中の炭水化物の摂取量

炭水化物や糖質もカラダに必要な栄養素なので、完全に抜いてしまうのはオススしません。

 

 

しかし体重を落としたり、体脂肪率を下げるためにはある程度の管理は必要です。ダイエット中の炭水化物の摂取量の目安は自分の体重です。体重が60kgであれば、1日60gの炭水化物を摂ります。

 

 

では1日60gというのはどれくらいなのでしょうか。下に一覧表を載せますが、おそらく多くの方が「えっ、たったそれだけ?」と感じるでしょう。ダイエット中は食事を抜きはしないものの、ある程度は摂取量を減らす必要があります。

 

 

炭水化物一覧
・スパゲッティ(乾・100g):69.5g
・ごはん(白米・150g):55.2g
・うどん(ゆで・1玉200g):41.6g
・そば(ゆで・1玉170g):40.8g
・食パン(6枚切り・1枚):26.6g
・はるさめ(緑豆・乾):80.9g
・さつまいも:29.2g
・じゃがいも:16.3g
・やまいも:12.9g
・さといも:10.8g
・さんま(1尾):0.1g
・あじ(1尾):0.1g
・生たまご:0.3g
・木綿豆腐(1丁・300g):4.8g
・納豆(1パック・30g):3.2g
・りんご(1個200g)26.2g
・ばなな(1本100g)21.4g
・牛乳(コップ1杯200ml)10.0g
・ヨーグルト(100g):4.9g
・カレー(レトルト1パック):19.6g
・コーンスープ(1人前):10.1g

 

 

やはり高タンパクである魚・納豆・たまごなどは炭水化物が少ないのでダイエットにおすすめの食品です。意外なのがはるさめです。ヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、実は炭水化物が多いのでダイエット食材ではありません。

 

 

体重60kgの人であれば、ご飯お茶碗1杯食べるだけで、1日の炭水化物摂取量に達してしまいます。そのため、朝だけご飯を食べて、昼・夜はおかず中心の食事となります。

 

 

ご飯を食べたい場合は、玄米に変えたり、しらたきでかさ増しするといいでしょう。実際に当スタジオの女性会員様は、ご飯にしらたきを混ぜて食べています。炭水化物の摂取量を2/3程度に減らせますので、ぜひお試しください。

 

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 必見!ダイエット中の炭水化物の摂取量の目安とは

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP