便秘解消におすすめの酵素デトックスコース【出張可】お腹の悩みと向き合う
酵素デトックスコース

ランニングで筋肉が落ちる?! 走るほど太った40代女性の体験談

2018.03.20 (火)

「ランニングをしたらスリムになるどころか、太った気がします」と話してくれたのは40代女性のAさん。ダイエット目的でランニングをしている人がよく陥ってしまう失敗です。

 

 

ダイエットを成功させるにはランニングなどの有酸素運動をして、脂肪を燃焼させる必要があります。有酸素運動はランニング以外にも、ウォーキング、エアロビクス、自転車、水泳などがあります。

 

 

運動強度や取り組みやすさを考えると一番おすすめなのがランニングですが、やり過ぎは注意です。なぜなら筋肉(グリコーゲン)がエネルギー源として使われてしまうからです。

 

 

ランニングをすると、最初は脂肪がエネルギーとして使われるので、脂肪が燃えていきます。しかし、60分を超える長時間のランニングでは筋肉も燃焼します。筋肉が落ちるということは代謝が下がり、結果的に痩せにくい体質になってしまうのです。

 

 

以前、スポーツクラブでこのようなことがありました。40代女性のAさんから「がんばって運動しているのに全然痩せません」と相談を受け、どのような運動をしているかをお聞きすると、 「ランニングマシンで30分走ってから、エアロビクスを60分、その後にボクササイズを45分、最後にプールでアクアダンスを45分やっています」とのことでした。

 

 

その運動メニューをどの程度の頻度で行なっているかをお聞きすると、「週3回くらいの頻度で、スタジオやプールをクタクタになるまでやります。筋トレは好きじゃないのでやりません。もう10年以上やっているのに全然痩せないんです。」と仰っていました。

 

 

この時は食事については触れませんでしたが、痩せない原因は筋トレ不足と有酸素運動のやり過ぎが考えられます。有酸素運動=脂肪燃焼というイメージが強すぎて、偏ったメニューになってしまっていたのです。

 

 

ランニングを趣味やレース出場を目指して行なっているなら良いのですが、ダイエット目的の場合は筋トレとのバランスを考えましょう。

 

 

関連記事⇒「ランニングで脇腹が痛くなる3つの原因と対処法」

 

 

 

フィットネスクラブでは教えてくれない
ダイエットの豆知識はこちら

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ランニングで筋肉が落ちる?! 走るほど太った40代女性の体験談

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP