東上線沿いのスポーツジムの料金相場は

 

 

スポーツクラブと加圧スタジオの違い

gym-room-1178293_640

東武東上線沿いにスポーツジムが増えてきましたね。都内のジムよりも会費が安く、とても通いやすいと思います。私も今まで東上線沿いのスポーツジムに幾つか通っていました。ジムによって設備やサービスが違うので、いつも新鮮な気持ちで楽しくトレーニング出来ました。

 

 

東上線沿いにはスポーツクラブだけでなく、高齢者向けの運動施設や女性専用スタジオ、ヨガスタジオ、ボクシングジム等、様々なジャンルのジムがあります。ジムによって特徴が違うので、料金も様々です。ジムの料金を大きく2つに分けると【施設使用料】【レッスン料】です。

 

 

 

スポーツクラブの料金

fitness-957115_640

スポーツクラブの会費などは施設使用料です。マシンジム、スタジオ、プールなどの施設を利用する為に必要となる料金です。最近はサウナやジャグジーだけでなく、温泉・岩盤浴・エステ・接骨院などが入っているジムも増えてきているようですね。

 

 

しかし、利用者全員にスタッフやインストラクターがついている訳ではないので、基本的には自主的なトレーニングが中心となります。ジムスタッフの役割は「トレーニング指導」というよりも「安全なマシンの操作方法」や「ルール・マナーのご案内」といった感じです。料金は設備や規模によって異なり、月7000円~10000円前後です。ジムに通う頻度が多い方、自主的にトレーニング出来る方にオススメです。

 

 

スポーツクラブは毎日通えば1回あたり数百円で使用できる計算になります。施設使用料は月会費制で、口座から自動引き落としのジムがほとんどです。デイタイム会員(昼間のみ)やホリデー会員(休日のみ)など利用制限がある種別では月4000~6000円と安くなります。全店舗利用できるマスター(ゴールド)会員や、ウェアやシューズが無料レンタルできる会員種別では月10000~15000円と少し高くなります。

 

 

単価だけみると高く感じますが、系列店も無料で使える事などを考えるとマスター会員はかなりお得です。スポーツジムを選ぶ時は施設だけでなく、会員種別も自分に合ったものを選びましょう。

 

 

最近のフィットネス業界では、各企業が様々な取り組みを開始しました。24時間営業の小型運動施設や、月2回・3回・4回など利用制限がある格安プラン、ホテルの1フロアに運動施設を設けたビジネスマン向けのジム、駅ビルの中にある駅直結フィットネスクラブなど。夜勤の人や、出張が多い人でも利用しやすい環境になってきています。

 

 

加圧スタジオの料金

IMG_503928536390723

加圧スタジオなどの専門施設の料金はレッスン(指導)料が中心になります。専門家から直接レッスンを受ける為の指導料です。専門知識を身につけた指導者が多いので、お客様の悩み解決への近道になります。

 

 

レッスン料は1回毎の都度払いや、回数券など利用回数に応じてのお支払いとなります。支払い方法も現金、カード、口座引き落としなど施設によって異なるので入会前に確認が必要です。マンツーマンのレッスン料金は10分1000円計算の所が多く、30分3000円、45分4500円という感じです。床屋さんの1000円カット(10分)と似ていますね。そこに専門技術や施術者の実績などが料金に上乗せされます。同じお店でも新人とベテランで料金が異なる場合もあります。トレーナーの指名料がかかる施設もあります。

 

 

加圧トレーニングの相場は1回4000円~8000円程度です。都心だと1回10000円以上のジムも多いので、やはり東上線沿線は安いですね。ただ、安いと言っても月謝で考えると15000~30000円程になり、スポーツクラブよりも高額となります。

 

 

更に骨盤矯正・ストレッチ・マッサージ・ボクササイズなど、オプションが付くことで料金が高くなる場合もあります。専門施設はスポーツクラブの会費と比べて単価は高いものの、「会費を払ったけど1回も行けなくて損をした。」という事になりません。指導(施術)を受けた分の対価となります。

 

 

会費が無駄にならない繰越制度

924c0d6e9c68b01bf703dadbda98dd93_s

また、当スタジオは【繰越制度】を取り入れています。例えば、「今月4回分支払ったけど、3回しかレッスンを受けられなかった。」そんな時に、残った1回を翌月以降に繰り越し、通常4回+繰越分1回で、計5回トレーニングが出来ます。仮に、その月に1回もトレーニング出来ず、4回すべて残ってしまった場合でも、翌月はお支払いをずに繰越分4回をそのまま使用できます。会費を無駄にしないシステムです!スポーツクラブで会費を払い続ける幽霊会員の方が退会後に一番後悔するのは、体が変わらなかったという事よりも、会費を無駄にしたという事ではないでしょうか?

 

 

フィットネス経営情報誌「フィットネスビジネス」によると、国民の3.16%がフィットネスクラブの会員で、会員1人あたり年平均76.1回利用している計算になるそうです。年平均76.1回という事は、月6.3回の利用です。平均で6.3回という事は毎日来店している会員様もたくさんいるので、逆に月1~2回の来店や、月0回で会費だけ払っている幽霊会員もいるわけです。

 

 

スポーツジムによっては登録会員の半数以上が幽霊会員で、その人たちの会費収入で成り立っているジムもあるそうです。今までスポーツクラブなどで、「会費を払ったけど1回も行かずにお金を無駄にした。」そんな経験のあるアナタ!もう会費を無駄にするのはやめましょう。頻繁に通って運動できる人はスポーツクラブへ!あまり通えないという人は都度払いの専門ジムの方が良いかもしれません。月会費10000円払って1回も行かないのなら、専門施設でレッスンを2~3回受けた方がお得です!運動施設を選ぶ時は「金額」ではなく「価値」で選んでみてください。

 

 

病気になったときの医療費

bf7203f884c786156537d5e5e6687b30_s

最近は厚生労働省も医療費削減の為に様々な計画を立てています。スポーツジムに通っている方も「健康の為」という理由がかなり増えてきました。過去の厚生省の患者調査によると平均的な医療費は下記の通りです。

 

 

主な傷病 医療費(1日当り)  健康保険本人家族2割 国民保険3割負担 在院日数 総医療費

<循環器系の疾患>  17,177円  3,435円  5,153円  71.3日  1,224,720円
高血圧性疾患     13,599円  2,720円  4,080円  63.6日  864,896円
その他の心疾患    24,413円  4,883円  7,324円  38.9日  949,666円
脳出血        15,170円  3,034円  4,551円  108.8日  1,650,496円

 

 

<新生物>    26,128円  5,226円  7,838円  35.8日  935,382円
胃の悪性新生物  27,548円  5,510円  8,264円  47.1日  1,297,511円
内分泌、栄養及び代謝疾患並びに免疫障害   16,431円  3,286円  4,929円  42.1日  691,745円
脳出血     16,400円  3,280円  4,920円  47.2日  774,080円

 

 

<呼吸系の疾患>  19,009円  3,802円  5,703円  26.1日  49,135円
喘息        15,417円  3,083円  4,625円  17.0日  262,089円

 

 

<筋骨格系及び結合組織の疾病>  14.915円  2,983円  4,475円  55.2日  823,308円
関節症    17,137円  3,427円  5,141円  73.8日  1,264,711円
脊髄障害   14,336円  2,867円  4,301円  51.9日  744,038円

 

 

<消化系の疾病>  19,702円  3,940円  5,911円  25.5日  502,401円
胃・十二指腸潰瘍  16,969円  3.394円  5,091円  30.7日  520,948円
胃炎・十二指腸炎  14,336円  2,867円  4,301円  17.1日  245,146円
肝硬変       18,470円  3,694円  5,541円  - -
慢性肝炎      13,569円  2,714円  4,071円  - -
胆石症・胆のう炎   29,859円  5,972円  8,958円  - -

 

 

 

一つの疾病だけでもかなり高額だという事がわかりますね。もちろん金額の話だけでなく、病気になってツラい思いをしたくありません。病気になってから後悔するよりも、健康的で楽しい人生を送りたいですね。毎日ジムに通う時間がないという方はご自分のスケジュールに合わせたスポーツジム選びをしてみてくださいね。通える範囲内で良いので、少しずつ健康的な体作りをしていきましょう。

 

 

ジム選びのポイント(無料小冊子)

▼シェアをお願い致します!▼

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP