「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

スーツが似合う身体の作り方。胸板を厚くする筋トレとは

2017.02.21 (火)

バストアップしたい(胸)

スーツが似合うからだ作りを意識したことはありますか?トレーニングやダイエットをすると体型が変わりますが、スーツが似合う人と似合わない人にわかれます。

 

なぜ欧米人はスーツ姿がカッコイイのか?なぜ日本人はスーツが似合わないのか?骨格などももちろん関係していますが、それよりも筋肉の付き方に違いがあります。骨格はトレーニングでどうにかできるものではありませんが、筋肉の付き方はトレーニング次第で変えることができます。

 

 

日本人がスーツが似合わない6つの理由

 

1.胸板が薄い

欧米人は胸板が厚く、スーツをかっこよく着こなすことができます。しかし日本人は胸板が薄いのでスーツの胸のあたりにシワができてしまいます。

 

2.三角筋を鍛えていない

スーツを選ぶときに肩幅を合わせると思います。サイズだけを見ればジャストサイズであったとしても肩の筋肉(三角筋)が小さいとキレイな肩のラインは作れません。肩にゆとりがありすぎると中学生が大きいサイズのブレザーを着せられているようなイメージになってしまいます。

 

3.広背筋が小さい

背中を鍛えている人はスーツだけでなく、Tシャツなど何を着てもカッコよく見えます。逆に背中が華奢だとスーツに余分なゆとりが出来てしまい、後ろ姿もカッコ悪くなります。

 

4.お腹が出ている

お腹が出ているとどんなにお洒落なスーツを着てもオジサン感が強くなってしまいます。最近は細身のスーツも流行っていますが、スリムなのにお腹だけポッコリ出ている人も増えています。中年サラリーマンのファッションにならないようにお腹もしっかりとへこませましょう。

 

5.猫背・姿勢が悪い

どんなに筋肉を引き締めても、姿勢が悪ければカッコよくは見えません。日本人の大半が猫背なので姿勢を正すだけでも他人と差をつけられます。特に上司が猫背だとなんか説得力に欠けてしまいます。背筋を伸ばしてキレイな立ち姿勢の上司は、私のような若い世代からみると「頼れる上司」という印象になります。

 

6.お尻が引き締まっていない

日本人はトレーニングをしている人でも二の腕や腹筋などに偏り、お尻のトレーニングにまで意識がいっている人はあまりいません。パンツを履いたときにお尻のあたりにシワやたるみが出来てしまい、不格好となってしまいます。

 

 

スーツが似合うからだ作りのコツ

 

1.胸板を厚くする

胸板を厚くするときの注意点が1つあります。それは腕の太さです。最近は腕のつけ根が狭くなっているスーツが多いです。胸板を厚くする筋トレをして腕まで太くなりすぎると、今度は腕のサイズが合わなくなります。胸のトレーニングは【プレス系】と【フライ系】に分けられるので、体の状態に合わせてエクササイズを選びましょう。

 

★二の腕も太くしたい場合
プレス系の種目(ベンチプレス・ダンベルプレス・腕立て伏せ)を選択する。

ダンベルプレス

 

★二の腕は太くしたくない場合
フライ系の種目(ダンベルフライ・ケーブルフライ・ペックフライ)を選択する。

ダンベルフライ

 

 

2.三角筋を鍛える

サイドレイズ・フロントレイズ・ショルダープレスという種目を行い、三角筋を鍛えましょう。ショルダーシュラッグという種目で僧帽筋を鍛えるのもオススメです。日本人はなで肩が多いので鍛えなくても着こなせる人もいますが、適度に鍛えることで、よりカッコよくなります。

サイドレイズ(ダンベル)

 

3.広背筋を鍛える

背中の筋肉を鍛えていないとシワがよってしまいます。目に見えるところだけでなく後ろ姿も意識しましょう。ダンベルで鍛えるならデッドリフトやデッドロー(ワンハンドロー)、マシンを使うならラットプルダウンがおすすめです。

ダンベルローイング1

 

4.お腹をへこませる

お腹をへこませるには腹筋運動ではなくドローインでインナーマッスルを鍛えたり、有酸素運動で脂肪を燃やすのがオススメです。腹筋運動ではお腹は硬くなりますが、へこませたり脂肪を落とすのには向いていません。

 

 

5.猫背をなおす

ストレッチポールで背中をほぐし、ラクナールで骨盤の歪みを整えるのがオススメです。道具を使わない場合は胸のストレッチをしたり、肩甲骨の柔軟性を出すエクササイズを行いましょう。また、正しい立ち姿勢を意識することも重要です。

 

★ラクナールを使ったエクササイズはコチラ

 

6.お尻を引き締める

後ろ姿はとても大切で、お尻の形が整っているとすごくキレイに見えます。スクワットやヒップリフトを行ってキュッと引き締まったお尻を作りましょう。スクワットはカロリー消費の大きいエクササイズなので全身を引き締めたい方にオススメです。ぽっこりお腹の解消や脂肪燃焼にも効果的です。

 

トレーニングやダイエットをしている男性は、スーツが似合うからだ作りを意識してみてはいかがでしょうか。スーツが似合うようになると職場での印象も変わり、ジムに通うのも楽しくなりますよ。

 

ノンストレスで痩せるダイエット心理学

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『スーツが似合う身体の作り方。胸板を厚くする筋トレとは』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~