「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

筋肉をつけたい人がうまくいかない理由。スポーツジム中級者に多いこと。

2016.09.07 (水)

筋肉をつけたい人がうまくいかない理由とは

先日、約1年ぶりに会った人から「全然体が変わっていないね。筋トレしているの?」といわれました。その人はボディービルダーのようなマッチョな人です。私の体型を見て、この1年で何も変わっていないと判断したようです。これがそもそもの間違いですが、フィットネスクラブではよくあることです。私はこの間違った常識を変えていきたいと思っています。

 

 

なぜその考えが間違っていると言えるのか。それは、私は体を大きくするために運動をしている訳ではないからです。私の場合は、「パニック障害を治したい」「洋服を着たときにスタイル良くみせたい」などが運動の目的です。なので、筋肉ムキムキになったからといって、達成できるものではありません。もちろん筋肉をつけたい時期もありましたが、体が大きくなったとしても、パニック障害が悪化していたり、洋服が似合わなくなったら失敗です。

 

 

筋トレやダイエットをする目的は人それぞれです。たとえば、肩こりを解消したい・体を柔らかくしたい・疲れにくい体になりたい・内臓脂肪を落としたいなど。これらは外見では違いがわかりません。見た目は変わっていなくても、目標を達成している人はいるということです。

 

 

フィットネスクラブなどでは、筋肉の発達具合によって、人を判断するケースが多いです。それは会員さんもトレーナーも一緒です。そうなってしまうと、もっと筋肉をつけたい、もっと筋肉をつけたいと、永久的に筋肉を求めることになります。

 

 

セカンドフィットネスでは、なぜそうなりたいのかを聞いています。例えば「筋肉をつけて強い男になりたい」というのが本当の理由だったりします。その場合、どんなシチュエーションで強くなりたいのかを掘り下げて考えます。すると「いざという時に家族を守れるようになりたい」などが上がります。それなら、筋肉つけてムキムキになるのではなく、護身術や格闘技を身につける方が良いでしょう。「体が大きい=強い」ではないからです。

 

 

女性の場合は「体重を落としたい」というのがこれに当てはまります。もうすでに十分に痩せている人が、もっと痩せたい、もっと痩せたいといってダイエットを行います。痩せることにしか意識がいかず、心の満足度が得られなくなります。以前、体重30kg台の女性からのダイエット相談を受けたことがあります。痩せることでしか快感を得られなくなっているのです。髪の毛は抜けて、肌もボロボロでした。

 

 

「筋肉をつけたい」「体重を落としたい」というあなたは、なぜそうなりたいのかを考えてみましょう。特にトレーニングに慣れてきた中級者の方に多いです。体を大きくしたり、体重を落とすことだけが体作りではありません。目的を見失わないようにしてくださいね。

 

 

効果的に目標を達成させる方法

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『筋肉をつけたい人がうまくいかない理由。スポーツジム中級者に多いこと。』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~