目標を達成させる方法は、未来の姿を「言語化」すること

2016.09.02 (金)

目標を達成させる方法は「言語化」すること

過去の資料を整理していたら、2013年に書いた【未来図】が出てきました。27歳の時のものです。「5年後(32歳)までにこうなっていたい」というのが書かれたワークシートです。懐かしいなぁ・・・と見ていると、5年後までに達成させたいと書かれていたことが、3年で達成できていました。

 

 

決めた目標を達成できる人とできない人の違いは、言語化しているかどうかです。自分の心の中で思っているだけの人と、夢や目標を言葉にして発信している人の違いです。夢を語ることを恥ずかしいと思っている人もいます。大きなことを言って達成できなかったらカッコ悪いと思っている人もいます。ですがそのメンタルブロックを外すことが、成功につながるポイントです。

 

 

「なぜ運動しているのですか?」
「3年後のあなたはどんな姿ですか?」
「10年後のあなたはどこで何をしていますか?」

 

 

これらの質問に答えられる人はダイエットにも成功します。未来図をイメージして言葉にする。それに向かって現在の自分の姿を考える。現在と未来のギャップを縮めていく。ダイエットはそのための手段の1つにしかすぎません。

 

 

なぜ運動しているのですか?
■今年も健康診断でひっかかったから
■ビール腹でズボンが履けなくなったから
■階段で息が上がるようになったから
■腰の痛みが日に日に増しているから
■彼氏に体型を指摘されたから

 

 

3年後のあなたはどんな姿ですか?
■毎日健康で好きなものを自由に食べられている
■会社で出世してバリバリ働いている
■習い事のバレエ教室の発表会で賞を取っている
■体重を10kg落として、ホノルルマラソンを走っている
■パートナーと結婚して、ウエディングドレスを着ている

 

 

10年後のあなたはどこで何をしていますか?
■子供の運動会で一等賞を取り、「パパかっこいい」と言われている
■中学校の同窓会に参加して、みんなから「若いね」と言われている
■海外旅行に行きながら、世界各地のグルメを満喫している
■大手企業に転職して、重大なプロジェクトを任されている
■海沿いにオシャレなカフェをオープンして毎日たのしく過ごしている

 

 

これらはすべて願望でOKです。根拠なんていりません。単純にあなたは将来どうなっていたいかということです。「こんな所に行きたい」「こんな姿になっていたい」というような願望です。それをイメージして、言葉にします。「映像化」から「言語化」の流れです。

 

 

あなたは今運動していることを言葉にして誰かに伝えていますか?
言葉にして人に話すということは、とても大切なことです。ぜひ身近な人にあなたの未来図を話してみましょう。

 

 

ダイエット成功ノウハウはこちら

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 目標を達成させる方法は、未来の姿を「言語化」すること

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、
毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP