便秘には絶食ではなく「プチ断食」がいい理由

2018.05.14 (月)

便秘でお腹がパンパンに張っていると「絶食をして腸内を空っぽにしよう」と考える人もいます。絶食や断食は、ただご飯を食べなければ良いわけではなく、正しいやり方があります。実践する前に正しい知識を身につけるようにしましょう。

 

 

「絶食」と「断食」の違い

 

絶食と断食を同じに考えている人もいますが、私は断食の方を勧めています。「絶食」は文字通り、食べものを絶つこと。食事を一切取りません。「断食」は生命活動に最低限必要な栄養を摂ります。

 

 

私がおすすめしているのは、週末のプチ断食です。土日だけ食事を抜いて、酵素ドリンクなどで栄養を摂ります。栄養摂取の目安は、1日500キロカロリーです。

 

 

1日500キロカロリーというのは、カロリーだけで考えれば、おにぎり3つ分になります。断食中でもおにぎり3つも食べて良いと考えると、少しハードルは下がりますね。

 

 

しかし、おにぎりだけでは栄養が偏ってしまうことと、固形物を消化するために腸内が休めないことから、ドリンクで栄養を摂るようにします。

 

 

酵素ドリンクを正しく選ぶ

 

断食中はご飯は食べませんが、酵素ドリンクで栄養を摂ります。その時に注意したいのが、市販の酵素ドリンク(特に安いもの)の栄養成分です。発酵年数が数ヶ月と少なかったり、熱処理によって酵素が死んでしまっているものもあります。

 

 

中には酵素が5パーセント程度しか入っておらず、ほとんどジュースと変わらないような酵素ドリンクもあります。断食中に飲む酵素ドリンクは、体の専門家に相談した上で選ぶようにしましょう。

 

 

準備期間と調整期間を設ける

 

いきなり断食を始めるのではなく、断食期間と同じ日数の準備・調整期間を設けましょう。2日間の断食であれば、準備期間2日・調整期間2日の合計6日間となります。もし3日間の断食を行なう場合は、同じように前後3日ずつもうけて、合計9日間となります。

 

 

準備・調整期間はお腹に負担をかけないための“ならし期間”です。おかゆや煮込みうどんなど、やわらかくて消化の良いものを食べるようにします。断食が終わった開放感からいきなりラーメンやトンカツなどを食べないように気をつけましょう。

 

 

体と向き合い、無理をしない

 

断食中は最低限の栄養を摂るとはいえ、普段の食生活とはまったく異なるので、頭がフラフラしたり、活力が出なくなる人もいます。短い日数でも体に無理な負担をかけないために、調子が悪いと感じたら少しずつ栄養を補給するようにしましょう。

 

 

週末プチ断食の体験談

 

私は過去に5回ほど断食を行っています。主に3日間の断食ですが、便秘も解消されてお通じが変わります。断食1日目は下痢に近いようなゆるい便が出て、2日にはほぼ水状態の便が出ます。3日目になると無色透明になります。

 

 

お腹を壊したときの下痢とは違い、普通に便意をもよおしてトイレに行くと水状の便が出ます。不快感や痛みはなく、「本当に腸内が空っぽになったんだなぁ」と実感できました。

 

 

よく断食をすると、頭がスッキリするという人が多いですが、私の場合は少し頭がボーっとする感覚がありました。仕事をしながらではツライと思ったのが正直な感想です。

 

 

体重は3日間で約5kg落ちましたが、食事を取るようになったらすぐに元に戻りました。断食はあくまでもダイエットではなく、デトックス(腸活)目的で行なうことをおすすめします。

 

 

当スタジオでは便秘に悩む方のデトックス(腸活)コースを行なっています。自宅でできますので、酵素ドリンクやプチ断食に興味がある方はお気軽にご相談ください。

 

 

便秘薬を使わない腸活コース

 

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 便秘には絶食ではなく「プチ断食」がいい理由

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP