便秘解消におすすめの酵素デトックスコース【出張可】お腹の悩みと向き合う
酵素デトックスコース

ダイエットのメンタルテクニック。条件ストロークと無条件ストローク

2018.03.08 (木)

ダイエットは継続させるメンタル・モチベーション維持が重要です。どんなに運動神経が良くても、効率的なトレーニング計画を立てても、ゴールにたどり着くまで続けられなければダイエット成功にはなりません。運動や食事管理がツラい時、もう止めてしまおうかと思った時、自分自身を褒めてあげましょう。

 

 

 

 

褒め方には2種類あります。条件ストローク無条件ストロークです。 条件ストロークは結果に対して褒めること。無条件ストロークは結果の有無にかかわらず、頑張った過程に対して褒めることです。

 

 

これは学校の先生、スポーツの監督やコーチ、セミナー講師など、いわゆる「先生業」と言われる人達が使っている心理テクニックの1つです。たとえば、子どもがテストで良い点数を取った時に「100点満点を取れてすごいね」と褒めるのが条件ストローク。テストの点数にかかわらず、「休まず塾に通えて偉かったね」と頑張った過程に対して褒めるのが無条件ストロークです。

 

 

ダイエットのモチベーションに重要なのは無条件ストロークです。結果にかかわらず、頑張っている過程に対して褒めてあげます。「今日は風呂上りにしっかりストレッチできた」「今週は駅のエスカレーターを使わずに階段を使った」「今月は休まずにジムに通えた」このように行動した自分を認めてあげると、運動に対しての苦手意識やモチベーション低下を回避できます。

 

 

ダイエット指導をしていると「運動しているのに、なかなか体重が減りません」という相談をよく受けます。この台詞の中の「なかなか体重が減りません」という部分にフォーカスしてしまうと条件ストロークになってしまいます。

 

 

無条件ストロークは「運動しているのに」の部分にフォーカスします。そして「苦手な運動を続けられているのが、1年前の○○さんと比べたらすごい進歩ですよ」と褒めます。これが無条件ストロークです。

 

 

ダイエットでメンタルケアが苦手なあなたは、成果ではなく、自身の行動について評価してあげましょう。

 

 

 

スポーツクラブでは教えてくれない
ダイエット心理学はこちら

 

 

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ダイエットのメンタルテクニック。条件ストロークと無条件ストローク

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP