大胸筋が大きくならない痩せ型の人が取るべき栄養素

2018.09.14 (金)

 

大胸筋が大きくならない痩せ型の人に必要な栄養についてお話します。筋肉をつけて体を大きくしたいと考える男性は、肉や魚、卵などのタンパク質を積極的に摂っていると思います。筋肉をつける上でタンパク質は重要ですが、それにばかり偏って野菜や果物が不足しがちになります。

 

 

大胸筋が大きくならない人には酵素がおすすめ

大胸筋が大きくならない痩せ型の人は「酵素」を摂るようにします。プロテインを飲んだり、ご飯をたくさん食べても、酵素が不足していると消化ができません。酵素不足になると腸内環境も悪くなります。

 

 

腸内環境が悪くなると、消化不良が起こりやすくなり、さらに消化吸収力が低下するという悪循環になります。どんなに食べても栄養を吸収できないので、最悪の場合、体は痩せてしまうのです。筋トレをしても体が大きくならない原因の1つでもあります。

 

 

消化酵素の分泌量は人によって異なります。痩せ型で大胸筋が大きくならないという方は、消化酵素の分泌量が少ない人が多いです。たとえば、日頃から下痢になりやすい人は消化がうまく行われていないので、消化吸収の力が弱いと考えて良いでしょう。もともと消化酵素の分泌量が少ない人は、食べ物から酵素を補うと消化吸収力を上げられます。

 

 

ガリガリの痩せ型から胸囲10㎝アップ

実際に私もハードゲイナーと呼ばれるやせ型で、体重が51kgしかありませんでした。ベンチプレスやダンベルプレスなどを行なっても、なかなか大胸筋が大きくならないという悩みがありました。

 

 

プロテインだけでなく酵素を取るようになってから、胸囲も10cmほど大きくなり(85㎝から95㎝)、体重も63kgまで増えました。

 

 

ボディービルダーのようなゴリマッチョな人の体作りとは異なるかもしれませんが、私のように食べても太れない人や、お腹を壊しやすい痩せ型の人には酵素はおすすめです。

 

 

 

酵素が多く含まれる3つの食材

酵素は2万種類以上も存在するとされています。どの食材にも生モノであればたくさんの酵素が含まれています。その中で特に多く含まれている3つの食材を紹介します。

 

 

1.果物
2.野菜
3.発酵食品(キムチ、納豆、漬物)

 

 

酵素は48度以上の熱が加わると死んでしまうので、生で食べるようにしましょう。生で食べる時も時間が経つと食材が酸化してしまいます。果物や野菜はなるべく、切りたて・剥きたての状態ですぐに食べましょう。

 

 

りんごや大根などをすりおろして食べるのも効果的です。食材をすりおろすと細胞膜が壊れて、中に閉じ込められていた酵素が出てきます。食材をすりおろして食べると通常よりも酵素の量が2~3倍に増えるとも言われています。

 

 

たくさん食べるのが苦手という方は、生絞りジュースにして飲むのもおすすめです。料理が苦手な男性はミキサーやジューサーを用意して、ジュースで酵素を摂りましょう。

 

 

 

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 大胸筋が大きくならない痩せ型の人が取るべき栄養素

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP