便秘解消におすすめの酵素デトックスコース【出張可】お腹の悩みと向き合う
酵素デトックスコース

空腹を紛らわす方法。「報酬不全症候群」とは

2018.02.16 (金)

空腹を紛らわす方法は、音楽を聴く・映画を見る・読書をする・散歩をする・買い物に行くなどがあります。

 

 

エモーショナルイーティングといわれる感情的な空腹であれば、30分で治まります。なので、空腹を感じたら30分だけ食べもの以外に意識を向けましょう。

 

 

関連記事⇒「痩せたいのに食べてしまう原因と対策」

 

 

たくさん食べてるはずなのに空腹を感じる人もいます。いくら食べてもお腹いっぱいにならない、満腹感が得られないとう人は報酬不全症候群の可能性があります。

 

 

 

 

これは食べることに対しての満足度が低いため、十分な満腹感が得られるころには食べ過ぎてしまっているというものです。

 

 

報酬不全症候群の場合は、空腹を紛らわす方法よりも、食事の満足度を高める方法を考えた方がいいでしょう。

 

 

報酬不全症候群になりやすい人の特徴

 

✅自炊するより外食やコンビニ弁当が多い
✅リンゴは好きでも皮がむいていないと食べない
✅魚は骨を取るのが面倒で食べたくない
✅凝った料理よりもインスタント食品が好き
✅時短レシピに魅力を感じる
✅コース料理よりも牛丼などの単品が好き

 

 

上の項目に当てはまるものが多いほど報酬不全症候群の可能性があります。簡単に食べられるものを好むタイプです。手間をかけるよりも早く口に入れたいという人に多い傾向があります。

 

 

量は食べているものの、満足度が得られていません。なので、ダイエット中なのに食べ過ぎてしまったり、それでいて欲求も満たされていません。

 

 

人は簡単に手に入るものよりも、苦労して手に入れたものほど価値を感じるものです。報酬不全症候群の人は、手軽に手に入るものや、すぐに欲を満たせるものに魅力を感じがちです。

 

 

心当たりのある方は、多少面倒に感じても、自分で料理をしてみるのもいいですよ。自炊することで食事に対しての意識が変わります。「お腹」ではなく「心」を満たすことも、ダイエット中の食生活に大切なことです。

 

 

関連記事⇒「間食をやめる方法。食べても良いおやつと悪いおやつ」

 

 

スポーツクラブでは教えてくれない
ダイエットの豆知識はこちら

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 空腹を紛らわす方法。「報酬不全症候群」とは

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP