便秘解消におすすめの酵素デトックスコース【出張可】お腹の悩みと向き合う
酵素デトックスコース

メンタルを強くするのにスポーツは本当に有効なのか

2018.06.09 (土)

 

メンタルを強くするのにおすすめなのが日光浴です。私はNESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)の「メンタルフィットネストレーナー」という資格を所有しており、メンタルに不安を抱えている方にマンツーマンレッスンを行なっています。レッスンでは運動だけでなく呼吸法・メディテーション(瞑想)なども取り入れ、さらに必要に応じて日光浴も行っています。

 

 

私は15歳からパニック障害というメンタル不調を患っており、引きこもりのような時期がありました。外出をするとお腹が痛くなり、近所のコンビニに行くのが精一杯の状態です。日の光を浴びる機会が減ると、どんどん気持ちも沈んでいくということを実感しています。

 

 

 

メンタル強化にはスポーツが有効だというけど・・・

 

メンタルを強くするにはスポーツが良いとよく聞きます。しかし、私がパニック障害になったきっかけはスポーツです。スポーツは競争の世界ですので、メンタルが強くなる人もいれば、逆に弱くなってしまう人もいます。

 

 

体育会系の厳しい環境の中でスポーツをしていた私は、練習のプレッシャーや人間関係のストレスに耐えられず、スポーツが続けられない状態になりました。当時は体罰も当たり前で、理不尽はことをされても逆らえません。その頃の私のメンタルはボロボロになっていました。

 

 

最近では日大アメフト部の事件が記憶に新しいところですが、伝統ある運動部の人間関係には独特なものがあります。厳しい監督やコーチに言われたら、どんな指示でも断ることはできません。そのような環境では、精神的につらい思いをしてしまう人も少なからず存在しているのです。

 

 

スポーツ自体が悪いわけではありません。スポーツをすることでメンタルが強くなる人もいます。実際に私もジムで運動するようになってから、パニック障害を克服しました。私はスポーツがきっかけでパニック障害になり、同じくスポーツがきっかけで克服をしました。

 

 

関連記事⇒「うつ病(パニック障害)を克服するきっかけになった2つの運動」

 

 

 

まずは日光浴でセロトニンを生成

 

日光浴をすると、セロトニンが体内で分泌されるといわれています。運動をしてもセロトニンが分泌されますが、メンタルを強くしたい人は、まずは穏やかな環境でメンタルケアをすることをおすすめします。

 

 

セロトニンは、うつ病の人に不足しがちだとされる神経伝達物質のひとつです。ドーパミンやノルアドレナリンなど感情に関する情報を管理し、整える働きがあります。

 

 

また、日光浴をすると交感神経が刺激され、体内時計を整えてくれます。メンタル不調に悩んでいる人によく見られるのが、生活リズムの乱れです。夜更かしをしていたり、睡眠不足、不規則な食生活などです。メンタルを強くするには体内時計を整えることも重要ですので、その面を考えても日光浴はおすすめです。

 

 

メンタルを強くするには、スポーツなのか、それとも別のことなのか。あなた自身の精神状態と、まわりの環境をみながら、何が最適かを考えてみてください。

 

 

 

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれない豆知識


無料メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス

 

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: メンタルを強くするのにスポーツは本当に有効なのか

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP