坂戸の加圧ジム。トレーナーとの相性の見極めるVAK理論

2018.09.05 (水)

坂戸・若葉・鶴ヶ島エリアで加圧トレーニングをお考えの場合、インストラクターとの相性の見極めが重要になります。加圧トレーニングは、マンツーマンで行うことが義務付けられているからです。

 

 

加圧トレーニングは、ベルトの巻き方・圧の設定・回数やインターバルなどがメソッド化されているため、インストラクターによって大きな差はありません。もちろん指導経験によって多少の差はありますが、加圧のメカニズムは同じです。

 

 

それよりも相性の方が重要です。加圧は二人三脚で行うため、相性の悪いインストラクターが担当になってしまうと、運動すること自体が苦痛になってしまいます。特に一般的なスポーツジムよりも高い金額を支払い、体の悩みも相談する相手になりますので、相性の見極めは大切です。

 

 

加圧トレーニングに限らず、坂戸・若葉・鶴ヶ島エリアには複数のスポーツジムがあります。どのジムに通うにしても、インストラクターとの相性は入会前に確認しておきましょう。

 

 

坂戸の加圧ジムでインストラクターとの相性を見極める方法

 

人は3つのタイプに分かれます。「目」で見て覚えるのが得意な人。「耳」で聞いて覚えるのが得意な人。「体」を動かして覚えるのが得意な人。この3つです。優位感覚といいますが、五感の中のどれが優位に働くかです。あなたはこの3つの中ではどれでしょうか。

 

 

小学生のときに好きだった遊びを思い出すとわかりやすいです。ぬりえや絵を描くのが好きだった人は「視覚」、歌を唄ったりおしゃべりが好きだった人は「聴覚」、鬼ごっこやドッジボールが好きだった人は「体感覚」が優位に働きます。

 

 

脳科学にVAK理論というものがあります。これは、視覚(V)・聴覚(A)・体感覚(K)のどれが優位に働くかというものです。

 

 

目で見て覚えるのが得意な人は、動画を見たり、インストラクターのお手本を見ながら行ないましょう。「視覚」が優位に働くので、映像を見て覚えるのが効果的です。私のレッスンでは写メや動画の撮影を許可しています。映像を見ながら覚えてもらいます。

 

 

耳で聴いて覚えるのが得意な人は、説明をしっかり聴くようにします。いきなり体を動かすのではなく、まずは説明を耳で聴いて、頭で理解してから行動に移します。理論的な話を聴くのも苦ではないケースが多いので、先に知識をつけても良いでしょう。私はこのタイプの方には教材テキストを使ったレッスンをします。

 

 

体を動かして覚えるのが得意な人は、とにかく実際にエクササイズを行なってみます。頭で考えてしまうと混乱します。理論よりも実践派のあなたは、まずは形を真似するだけでもいいので体を動かすことから始めます。フォームの修正は後から行ないます。

 

 

セカンドフィットネススタジオの指導法

 

私は相手によって指導法を変えます。たとえば加圧トレーニングのとき、声のかけ方を変えています。手のひらを見ながら、視覚優位の方には 「赤くなってきましたね」、聴覚優位の方には 「乳酸が溜まってきましたね」、体感覚優位の方には 「しびれてきましたか?」と声かけをします。意味が同じことでも、表現を変えることで伝わりやすさが変わるのです。

 

 

指導方法も、基本的に「説明」→「見本」→「補助」の順番に行ないます。まず耳で説明を聞いて、目でお手本を見て、体を使って実践するので、どのタイプの人にも当てはまるようなレッスンをしています。

 

 

坂戸・若葉・鶴ヶ島エリアにあるスポーツジムでインストラクターを選ぶときは体験レッスンを受けてみて、どのような指導をするのか確認してみましょう。

 

 

お手本の見せ方が上手なインストラクター、説明が上手なインストラクター、実践的なインストラクターなど、指導のタイプはさまざまです。あなたと相性がいいインストラクターを探してみてください。

 

 

初心者向けダイエットのコツ(無料小冊子)

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 坂戸の加圧ジム。トレーナーとの相性の見極めるVAK理論

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP