おしりを小さくする筋トレ。正しいヒップアップトレーニングのやり方

2019.03.03 (日)

おしりを小さくする筋トレ

今回紹介するのはヒップリフトというおしりを小さくする筋トレです。スクワットなどの筋トレは、負荷のかけ方によってはボリュームが出て大きくなってしまいます。そこで動画で紹介しているヒップリフトという筋トレを行い、おしりを小さくしましょう。

 

 

まず、仰向けで寝て膝を立てます。脚は肩幅に開き、手のひらを天井に向けます。その姿勢から、おしりを締めながら上に持ち上げていきます。腰が反り過ぎないように注意して、膝・腰・胸のラインが一直線になったら止めます。そのままゆっくりと腰を下ろしていきます。この動作を20回×2~3セットを目安に行いましょう。

 

【ポイント】
・反動を使わずにゆっくりと行う。
・腰を反りすぎない。
・膝の向きとつま先の向きを揃える。

 

慣れてきたら応用として、つま先を外側に向けてみましょう。おしりの筋肉により効かせられます。また、バランスボールに足を乗せて、膝を伸ばしたまま行なうと「ヒップエクステンション」という筋トレになります。不安定になるのでお腹周りや体幹も鍛えられます。もちろんおしりを小さくするのにも効果的です。

 

 

たるみの原因。お尻が垂れやすい女性の特徴とは

普段の立ち姿勢であなたのつま先はどこを向いているでしょうか。もしもつま先が内側を向いていたら、あなたのおしりは垂れやすいかもしれません。つま先が内側を向いていると、おしりの筋肉は緩んでいる状態にあります。なので重力に負けて、おしりにたるみができてしまうのです。

 

また、下半身太りにお悩みの女性の多くが「太ももを細くしたい」「体重を落としたい」といいます。しかし下半身太りの原因は骨の付き方にもあります。骨盤を正しい位置に整えたり、お尻の筋肉を鍛えるエクササイズを行いましょう。

 

セカンドフィットネスでは骨盤を整えるために、骨盤ベルト(ラクナール)を使ったロコラク体操を行なっています。一時的に姿勢を正すだけでは元に戻ってしまうので、それに必要な筋肉を鍛えるエクササイズも行い、自らの力で正しい位置にもっていけるようにします。

 

おしりを小さくしたいあなたは、つま先を正面に向けること、ヒップアップの筋トレをすること、骨盤の位置を正すことを意識してみましょう。

 

スポーツクラブでは教えてくれない
ダイエット心理学はこちら

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: おしりを小さくする筋トレ。正しいヒップアップトレーニングのやり方

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、
毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP