心と体を整えるコラム更新中!
セカンドフィットネス」で検索してください

「自分の体が好きになるフィットネス」無料メール講座【週1配信】

自分に自信が持てないあなたが、心と体を整えて前向きになれる「フィットネス×自分磨き」メソッド

ダイエットに必要なビタミンの種類と選び方

2020.09.20 (日)

体の調子を整えたい

ダイエット中の食事といえば、3大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質)が主に取り上げられますが、ビタミンやミネラルも大切な栄養素です。本記事では、ダイエット中に摂りたいビタミンについて紹介します。

ダイエットにビタミンが必要な理由

 

ダイエット中にビタミンを摂ることで、脂質を燃焼させたり、炭水化物(糖質)を代謝させる手助けをしてくれます。タンパク質をアミノ酸に分解・合成するサポートをして、筋肉を作りやすくするメリットもあります。

 

特にダイエット中は食事制限によって必要な栄養が足りていない人も多いので、積極的にビタミンを摂るようにしましょう。ビタミンは体内で作られにくいので食事から摂るのがポイントです。

 

ビタミンには水溶性ビタミン脂溶性ビタミンがあり、主な働きや多く含まれる食品が異なります。ビタミンの種類や食品を知り、あなたに必要な栄養を摂ってみてください。

 

食事から摂れない場合は、サプリメントで補っても問題ありません!
武内
武内

 

ビタミンの種類1.水溶性ビタミン

 

水溶性ビタミンは血液などの体液に溶け込んでいて、余分なものは尿として排出されます。このため体内の量が多くなり過ぎることはあまりないと考えられています。体内のさまざまな代謝に必要な酵素の働きを補っています。ビタミンB群(B1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンCが水溶性ビタミンに当たります。

 

ビタミンB1

働き 補酵素の成分として炭水化物がエネルギーに変わるのをサポートする。体内での貯蔵は少なく、調理による損失も大きい。
食品 牛乳、肉類、大豆製品、緑黄色野菜など

 

ビタミンB2

働き 補酵素の成分として、アミノ酸、脂質、炭水化物がエネルギーに変わるのをサポートする。
食品 牛乳、粉乳、レバー、卵、肉類、納豆、緑黄色野菜など

 

ビタミンB6

働き アミノ酸から体を作るたんぱく質を合成するのをサポートする。たんぱく質の摂取量に合わせて必要量が増加する。
食品 レバー、肉類、マグロ、卵、ニンニクなど

 

ビタミンB12

働き アミノ酸の代謝、たんぱく質、核酸の生合成に不可欠な栄養素
食品 牛乳、チーズ、レバー、カキ、アサリ、シジミ、卵など

 

ナイアシン

働き 補酵素の成分となって、生体反応に関わる。
食品 レバー、肉類、豆類、タラコ、カツオ、緑黄色野菜など

 

葉酸

働き 赤血球の生成、核酸の合成、アミノ酸の代謝に関わる。胎児にとって重要な栄養成分
食品 牛乳、レバー、肉類、卵黄、モロヘイヤ、バナナ、緑茶など

 

パントテン酸

働き 補酵素の成分として、脂質、炭水化物、たんぱく質がエネルギーに変わるのをサポートする。腸内細菌も合成する。
食品 牛乳、粉乳、レバー、肉類、魚介類、納豆、モロヘイヤ、卵など

 

ビオチン

働き アミノ酸、脂肪酸の代謝に関わる。皮膚や髪の健康を保つ。腸内細菌によって合成される。
食品 レバー、イワシ、落花生、卵など

 

ビタミンC

働き コラーゲン生成や血管、歯、結合組織を健康に保つ。鉄の吸収にビタミンEの再利用に関わる。コレステロール代謝に有効、動脈硬化などを予防する。
食品 みかん、いちご、ブロッコリー、ほうれん草、赤ピーマン、緑茶など

 

 

ビタミンの種類2.脂溶性ビタミン

 

脂溶性ビタミンは水に溶けない性質があり、主に脂肪組織や肝臓に貯蔵されます。身体の機能を正常に保つ働きをしていますが、摂りすぎると過剰症を起こすことがあります。ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがこの脂溶性ビタミンに当たります。

 

ビタミンA

働き 皮膚や粘膜を健康に保ち、感染症を予防する。薄暗いところで視力を保つ
食品 バター、牛乳、チーズ、レバー、卵、緑黄色野菜など

 

ビタミンD

働き カルシウムやリンの吸収を促進して、正常な発育に関わる。紫外線に当たると皮膚に生成され、肝臓に蓄えられる。
食品 イワシ、カツオ、サンマ、マグロ、きのこ類など

 

ビタミンE

働き 強い抗酸化作用で細胞の老化を予防する。カロテンの酸化を防ぎ、生体膜を健全に保つ。
食品 大豆、玄米、緑黄色野菜、アーモンド、ピーナッツ、大豆製品、マグロ、ブリ、ホタテなど

 

ビタミンK

働き 血液凝固作用に補酵素として作用することが多い。肝臓で作られるプロトロンビン生成に必要。骨代謝にも関わる。
食品 納豆、ブロッコリー、緑黄色野菜、肉類など

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。ビタミンといえば、野菜や果物のイメージがあるかと思いますが、意外と肉類に多く含まれています。肉類はタンパク質も豊富で、ダイエットとの相性がいい食品です。ビタミンは体内でほとんど作ることができないため、これらの食品から摂るように心掛けてみましょう。

 

\ 新規メンバー募集中 /

オンラインジム ROOM

セカンドフィットネスでは、「なりたい理想の姿を実現して、自分の体が好きになる」ようなメニューをご提供しています。

挫折しないで続けるためには、ご自身のお悩みやご要望、体と心の状態にあわせて、ご自身にとって効果的で最適な手段を選ぶことが重要です。

加圧トレーニング、酵素ダイエット、メンタルフィットネス、遠隔レッスンや無料・有料の教材などから最適な手段をご提案いたします。

おすすめメニュー診断はこちら »

  • 毎日残業が続いていて寝不足
  • 朝起きた時にすでに疲れている
  • ストレスによる過食で太った
  • 休日に趣味を楽しむ余裕がない
  • 自律神経の乱れに悩んでいる
  • 挫折や失恋から自信を失くした
  • 朝の通勤電車や会議中にお腹が痛くなる
  • 常に緊張していて不安感がある

など、メンタル不調にお悩みの方に向けた運動指導・健康セミナー・オンライン講座・遠隔レッスン・各種イベントをご提供しています。

セカンドフィットネスの専門家・『ストレス解消の超正攻法』など5冊の著者・武内教宜による実践的なノウハウとサポートです。

武内教宜 著書5冊の表紙

部活の体罰やパワハラがきっかけで、15歳でパニック障害に。外出ができず、自傷行為を行うような状態になるが、体を動かすことで自律神経が整い、パニック障害を克服。

健康を取り戻した後は、ジムのインストラクターとして社会復帰し、2014年にフィットネススタジオを開業。
パニック障害歴10年、運動指導歴14年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。

まずは、「最適なストレス解消法が見つかる【5ステップ無料メール講座】」や「自律神経を整えるメンタルフィットネス動画セミナー(入門編)」にお申し込みください。

以下より「『我慢しない・無理しないダイエット』無料メール講座」もぜひご登録ください。

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週
(29、30、31日)
営業時間 11:00~22:00
(最終受付20時)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:武内教宜

1985年生まれ。埼玉県出身。運動指導歴14年、パニック障害歴10年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。専門分野は運動とストレスケアを組み合わせたメンタルフィットネス。

著書「ストレス解消の超正攻法」をはじめ、健康本を5冊出版。Amazonカテゴリー1位を獲得。東洋経済オンラインやYahoo!ニュースなど大手Webメディアで専門家記事を執筆。スポーツ専門学校の非常勤講師として学生向けの加圧トレーニング授業も担当。

関連する投稿

▼『ダイエットに必要なビタミンの種類と選び方』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~