スポーツジムでアドバイスを受ける時(する時)の注意点

2016.05.13 (金)

ジムでアドバイスを受ける時(する時)の注意点

私はパーソナルトレーナーですが、普段友達にはアドバイスはしません。日ごろから情報発信はしていますが、個人に対してアドバイスするのは相手から相談を受けた時だけです。

 

 

その理由は、中途半端なアドバイスは相手を混乱させてしまうから。私がアドバイスをするときは、相手の職業・家族構成・趣味・生活スタイルなどを考えた上で話します。一般論ではなく、パーソナルなアドバイスです。

 

 

単に表面上の一部分だけを切り取って考えたアドバイスは芯をついていないことが多いです。その人の本来の悩み、それをやろうとしている目的、どのような経緯でそうなったのかなど、背景や根っこの部分を知らずにアドバイスしても相手には響きません。

 

 

それってアドバイスのつもり?

求めてもいないのにアドバイスをしたがる人もいます。「○○しようと思ってるんだ」と言っただけなのに、「それって△△だよ」「やめといた方がいいよ」などと言ってきます。思わぬタイミングでの的外れなアドバイスは「えっ、なにを言ってるの?」と思ってしまいます。

 

 

そしてそういう人は、アドバイスを受け入れないと「アイツは人の意見を聞かないやつだ!」と勝手に怒り始めます。こっちはそんなアドバイスなんて求めていないのだという事にも気づかずに。

 

 

小さな親切、大きなお世話というやつですね。

 

 

良かれと思ってしたことが、相手を混乱させてしまう。それが強くなると押しつけになり、人間関係が崩れます。仮にその人のアドバイスが正しいものだったとしても…。

 

 

特にダイエットをしていると、そのような事が本当に多いです。多方面からのアドバイスに振り回されてしまっている方もいます。あなたは大丈夫ですか?

 

 

スポーツジムで痩せない原因

スポーツジムで痩せない原因に多いのは、情報過多になってしまうこと。そして人間関係にも疲れてしまうということ。

 

 

「炭水化物は摂った方がいいと思うよ」
「いや、ダイエット中は抜いた方がいいよ」
「適度に摂るくらいなら問題ないはずだよ」

 

 

「筋トレの後にジョギングをするといいよ」
「いや、筋肉まで燃えるからやめた方がいいよ」
「ダッシュなどを短時間やるといいよ」

 

 

「ダイエット中のお酒はNGだよ」
「いやいや、私はお酒を飲んでも痩せたよ」
「おつまみを気をつければ大丈夫だよ」

 

 

みんな違うことを言ってくるから何が正しいかわからない。多方面からの余計なアドバイスは混乱するだけなのです。真面目な人は「せっかく○○さんが教えてくれたから…」と、やらなくても良いことにまで手をつけてしまいます。

 

 

もしもそのような事でストレスを感じているあなたは、「この人の言うことなら信じてみよう」と思える人を、まず1人、見つけてみてください。

 

 

 

スポーツクラブでは教えてくれない
ダイエットの豆知識はこちら

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: スポーツジムでアドバイスを受ける時(する時)の注意点

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、
毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP