「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

スポーツクラブでの迷惑行為。スマホの写メ、動画撮影、SNS投稿

2019.03.29 (金)

ジムの利用方法

スポーツクラブで写メはNG

あなたはスポーツクラブは写真撮影禁止だということを知っていますか?
フェイスブックやインスタグラムなどを見ると、スポーツクラブ内で撮った写真をアップしている人がたくさんいます。ジムの鏡の前でトレーニングウェア姿の写メを投稿している人を見たことはないでしょうか。

 

トレーナーとしては皆さんがたのしく運動してくれるのは嬉しいことですが、基本的にスポーツクラブはスマホの写メ、動画撮影、SNS投稿などは禁止です。芸能人やユーチューバーなど特別に許可されている人もいるようですが、それらは広告・宣伝も兼ねていて、なにかしらの契約が交わされています。

 

一般の会員さんの場合は、「イベントの時だけ撮ってもいいですよ」「このエリアのみ撮影が可能です」「スタッフが見ている前ならOKです」など、そのジムによって撮影のルールがあります。

 

 

SNSの写メのほとんどは規約違反

私は写真撮影が許可されているジムを探していました。その理由は、トレーナー活動の一環としてYouTubeやインスタグラムなどを行っており、トレーニング風景の写メを取ってSNSにアップしたかったからです。しかし、探しても探しても、写メOKというジムはなかなか見つかりませんでした。数店舗、確認をしてみましたが、ほとんど断られました。

 

ということは、Facebookなどでアップされている写メのほとんどが、ルール違反によって撮られたものなのです。

 

おそらく投稿者は悪気なく写メを撮っていると思います。入会時にルール説明があったはずですが、たくさんのルールを言われて覚えていないと思います。そのような時は教えてあげましょう。

 

 

写真トラブルによる退会者も多数

SNSにおける写真トラブルも実際にあります。「カシャカシャと撮影音が気になって運動に集中できない」「自分も映っているんじゃないかと不安になる」など。本人は気づいていなくても、壁に貼ってある掲示物に個人情報が乗っていたり、鏡やガラスに反射して他の会員が映っていることもあります。肖像権などの問題から、最悪の場合、訴えらえてしまいます。

 

「子供の成長記録を撮りたい」「SNS(ブログやTwitter)に投稿したい」「仲間との思い出を残したい」「頑張っている姿をみんなに見せたい」そのような気持ちもわかりますが、ルールはちゃんと守りましょう。

 

写メや動画を撮りたいときはスタッフの許可を取り、撮影可動な場合は他の利用者が映らないようにする。これは最低限のマナーです。あなたの知らないところで、それらの行為に不快に感じた人がジムを退会しているというケースもありますので気をつけましょう。

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『スポーツクラブでの迷惑行為。スマホの写メ、動画撮影、SNS投稿』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~