ゴルフでダイエット!ラウンド・打ちっぱなし・素振りの効果

2017.10.04 (水)

ゴルフにはラウンド、打ちっぱなし、素振りがあります。もちろんラウンドを歩き回るのが、一番消費カロリーが大きいです。カートでまわると600キロカロリー、徒歩でまわれば1200キロカロリーにもなります。お茶碗1杯250キロカロリーなので、ごはん5杯分もの消費カロリーです。

 

 

コースに出なくても、打ちっぱなしや素振りもダイエットに効果的です。1球あたり1キロカロリーの消費と言われています。打ちっぱなし場では2時間で400球ほど打つ人もいますが、400キロカロリーの消費になるのです。そしてスイングをする時に腕を振り上げたり、上半身をひねる動きで二の腕やお腹まわりの引き締めになります。重心を移動する時に足も使うので下半身の引き締め効果など、筋トレの代わりになるのです。

 

 

ゴルフの動作は日常生活とは違います。鞄を持つなどで二の腕を使うことはあっても、頭の高さまで腕を上げることはあまりありません。腹筋も前屈みになることはあっても、横にひねる動作はあまりありません。足の体重移動も通常の歩行では前に歩くため、足を横に重心移動はありません。使っている筋肉は同じでも、動かし方によって鍛え方が変わります。

 

 

そしてゴルフはストレス解消にもおすすめです。健康やダイエットを目的とした筋トレやウォーキングはモチベーションを保つのが困難です。しかしゴルフは飛距離やスコアなど具体的な数値を見ながら上達を目指せるので、楽しみながら長く続けられます。

 

 

ゴルフでは、スイングが筋トレ、ラウンドを回るのが有酸素運動と考えましょう。筋トレと有酸素運動を合わせて行うのが最適なので、打ちっぱなしに慣れてきたらぜひコースに出てラウンドを回るのに挑戦してみましょう。

 

 

 

スポーツクラブでは教えてくれない
ダイエットの豆知識はこちら

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ゴルフでダイエット!ラウンド・打ちっぱなし・素振りの効果

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、
毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP