「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

実業団の陸上選手も加圧トレーニングを実践

2016.06.28 (火)

実業団の陸上選手も加圧トレーニング

最近はさまざまなスポーツでも加圧トレーニングが導入されています。その中で、陸上の実業団選手の事例を紹介します。

 

 

日産自動車の陸上競技部の選手の事例です。
※「加圧トレーニングの理論と実践」という本から抜粋しています。

 

 

箱根駅伝1区で2年連続第2位、4回連続でニューイヤー駅伝に出場するという実績を持っている選手が、膝の痛みに悩まされていたそうです。選手として活動を続けていく上で、走る以外の方法でも体を強化していかなければ体がもたないと判断。

 

 

そこで監督を通じて加圧トレーニングに出会い、実施。加圧トレーニングを導入後、故障が激変し、体つきが変わったのが目に見てもわかるほどに。

 

 

長距離選手に必要なのはどれだけ走りこめるか。しかし走りこめば走りこむほど故障のリスクが高まります。痛みが出ると走れない→走れないと速くなれないという悪循環に。そのため、加圧トレーニングの「故障が激減した」というメリットが活きてきます。

 

 

実際に行われたプログラムは、加圧をした状態で、5分間のウォーキングと除圧を繰り返す。ストレッチを入れてから、MAXの20%くらいの負荷でベンチプレスなどのウエイトトレーニングを行っています。

 

 

加圧トレーニングでは格闘技、サッカー、野球などさまざまな競技で使われています。パフォーマンスを高めたい競技者もぜひ加圧トレーニングに挑戦してみてください。

 

 

体づくりに必要な知識がつまったセカンドフィットネス教本。まずは無料体験版からお読みください。
セカンドフィットネス教本(無料版)

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『実業団の陸上選手も加圧トレーニングを実践』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~