骨折を早く治す方法。腕の骨折が3週間で治った事例

2017.07.23 (日)

「加圧トレーニング」というトレーニング方法はリハビリとしても使われており、接骨院や整形外科などでも取り入れられています。実際に、私のクライアントの中にも骨折を早く治すためにリハビリ目的で通われていた方がいます。

 

骨折をしているのにトレーニングをするというのは不安に感じるかもしれませんが、『加圧トレーニングの理論と実践』という本にもリハビリ効果が記されています。

 

「加圧トレーニングの理論と実践」からの引用
上肢骨折24人、下肢骨折18人の患者さんに対して加圧トレーニングを行った。加圧・除圧を繰り返しながら適正圧を導き、エクササイズを3セット程度行ったところ、全ての患者さんが通常よりも早く治った。条件によって異なるので一概には言えないが、骨折治癒までの期間が平均で70%に短縮されるという印象である。

 

実際に私のクライアントでも、骨折が3週間で治った高校生がいます。バスケットボール部の練習中に転倒して腕を骨折しました。医者からは1ヶ月以上かかると言われ、3年生で引退をかけたインターハイ予選に出場できないという状況でした。この高校生のお母さんが私のジムに通われていて、お母さんの勧めでリハビリ目的の加圧トレーニングを行いました。

 

高校生なので回復スピードも早く、わずか3週間で骨折が治りました。医者からは「何をしてきたんだ?」と驚かれたそうです。インターハイ予選の試合では、スタメンからは外れてしまいましたが、ベンチメンバーとして参加できました。大会の結果は準決勝(ベスト4)で負けてしまったそうですが、最後の大会に出場できて悔いはないと報告をしてくれました。

 

これは一般的なスポーツクラブには無いメリットです。スポーツクラブでは、骨折をすると治るまでは休会になったり、ジムに行っても運動は止められてしまいます。やむを得ない理由とはいえ、思うように運動できない期間が続くとモチベーションが下がってしまいます。

 

しかし加圧トレーニングの場合は、怪我をしているからこそ通ってほしいのです。血行が良くなる事で疲労回復にも効果的です。怪我をしたからジムを休むのではなく、ぜひ怪我の回復を早めるために加圧トレーニングをご利用ください。

 

加圧トレーニングとは

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 骨折を早く治す方法。腕の骨折が3週間で治った事例

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、
毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP