心と体を整えるコラム更新中!
セカンドフィットネス」で検索してください

「自分の体が好きになるフィットネス」無料メール講座【週1配信】

自分に自信が持てないあなたが、心と体を整えて前向きになれる「フィットネス×自分磨き」メソッド

ダイエット中に食べたラーメンを帳消しにする方法

2018.05.11 (金)

 

ダイエット中でもラーメンを食べられる方法があるとテレビ番組で話題になりました。「帳消しダイエット」といって、ラーメン・パスタ・焼肉などを食べても、その後に他の食べものを食べれば帳消しにできるというものです。食べものの組み合わせは以下のとおりです。

 

 

『お好み焼き』+『グレープフルーツジュース』

『ホットドック』+『プルーン』

『パスタ』+『リンゴジュース』

『ラーメン』+『チャーシュー』+『バナナ』

『ハンバーグ』+『大根おろし』

『焼肉』+『ブラックコーヒー』

 

 

坂上忍さん司会の「バイキング」や、「あのニュースで得する人損する人」などの人気番組で取り上げられたことで、関心を持つ人が増えました。

 

 

本当に帳消しになるの?

このダイエット法について「本当にそれで帳消しになるのですか?」「むしろカロリーオーバーで太りませんか?」などの質問がありました。

 

 

理論でいえば、たしかにバナナやリンゴには糖質の代謝をアップさせる成分や、むくみを解消する成分が含まれています。しかし、ある程度の糖質は帳消しにできても、食べたラーメンを無かったことにはできません。

 

 

ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることです。栄養バランスを考えるのはもちろんのこと、消費カロリー以上に食べていては痩せるのは難しくなります。ラーメンという高カロリーな食事をした後に、さらにカロリー摂取をするのは、パーソナルトレーナーの立場としてはおすすめできません。

 

 

また、トレーナーとして10年以上活動してきた経験から、「●●●ダイエットって痩せますか?」という質問をしてくる人は、ダイエットやフィットネスに関して初心者であるケースが多いです。そのため、帳消しダイエットの知識のみで痩せるのは難しいでしょう。

 

 

メディア情報を鵜呑みにしてはダメ

テレビ番組では、金田朋子さん(声優)やガンバレルーヤのよしこさん(芸人)が3週間の帳消しダイエットを行ないました。金田さんはウエスト-12.4cm、よしこさんは体重-5kgも落ちています。

 

 

ダイエットの成果を見ると実際に痩せていますが、ウエストの減り方や体重の落ち方をみると、運動や食事管理も行なわれていることが考えられます。これはメディア情報を鵜呑みにしてしまう人に多いケースですが、放送されていない部分も考えるのが大切です。

 

 

たとえば私は「加圧トレーニング」や「酵素ドリンク」を提供していますが、クライアントにはホームケアを重要視するように伝えています。ダイエットというのは、ただ単に加圧ベルトを巻けば痩せる、酵素ドリンクを飲めば痩せるといった単純なものではないからです。

 

 

正しいフォームで運動できているか、日ごろの食生活は整っているかを確認した上で、加圧トレーニングや酵素ドリンクを提供しています。どんなに酵素ドリンクを飲んでも、高カロリーな食事ばかり摂っていたら痩せません。

 

 

有名なダイエット法でいえば、サッカー選手のクリスチアーノ・ロナウド選手が、おなかに貼るだけで腹筋が割れるというダイエット器具を紹介しています。スポーツが好きな方ならご存知だと思いますが、C・ロナウド選手は日ごろからストイックなトレーニングをしています。

 

 

テレビ番組などのメディアから情報を得るときは、一部分を切り取っただけの情報ではなく、総合的に見るようにしましょう。

 

 

 

それでもラーメンを帳消しにしたいと思うなら

もし疑問を持ったのであれば挑戦してみてもいいかもしれません。疑問を解決するには自身で確認するのが一番だからです。たとえば1週間、ラーメン+バナナを行なってみましょう。1週間経って体重が増えていなければ、あなたにそのダイエット法が合っているといえます。

 

 

私がこのダイエットをしない理由は、そもそも疑っていないからです。このダイエット考案者には申し訳ありませんが、検証するまでもなく、ラーメン+バナナで帳消しになるとは思えません。このダイエット法は、あくまでも日ごろの運動や規則正しい食生活ができている前提での話だと考えています。

 

 

私は帳消しダイエットについて否定的な意見も書きましたが、帳消しダイエット自体が悪いわけではありません。メディアで取り上げられている部分以外のところも考えながら、行なってみてください。

オンラインジム ROOM

セカンドフィットネスでは、「なりたい理想の姿を実現して、自分の体が好きになる」ようなメニューをご提供しています。

挫折しないで続けるためには、ご自身のお悩みやご要望、体と心の状態にあわせて、ご自身にとって効果的で最適な手段を選ぶことが重要です。

加圧トレーニング、酵素ダイエット、メンタルフィットネス、遠隔レッスンや無料・有料の教材などから最適な手段をご提案いたします。

おすすめメニュー診断はこちら »

  • 毎日残業が続いていて寝不足
  • 朝起きた時にすでに疲れている
  • ストレスによる過食で太った
  • 休日に趣味を楽しむ余裕がない
  • 自律神経の乱れに悩んでいる
  • 挫折や失恋から自信を失くした
  • 朝の通勤電車や会議中にお腹が痛くなる
  • 常に緊張していて不安感がある

など、メンタル不調にお悩みの方に向けた運動指導・健康セミナー・オンライン講座・遠隔レッスン・各種イベントをご提供しています。

セカンドフィットネスの専門家・『ストレス解消の超正攻法』など5冊の著者・武内教宜による実践的なノウハウとサポートです。

武内教宜 著書5冊の表紙

部活の体罰やパワハラがきっかけで、15歳でパニック障害に。外出ができず、自傷行為を行うような状態になるが、体を動かすことで自律神経が整い、パニック障害を克服。

健康を取り戻した後は、ジムのインストラクターとして社会復帰し、2014年にフィットネススタジオを開業。
パニック障害歴10年、運動指導歴14年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。

まずは、「最適なストレス解消法が見つかる【5ステップ無料メール講座】」や「自律神経を整えるメンタルフィットネス動画セミナー(入門編)」にお申し込みください。

以下より「『我慢しない・無理しないダイエット』無料メール講座」もぜひご登録ください。

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:武内教宜

1985年生まれ。埼玉県出身。運動指導歴14年、パニック障害歴10年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。専門分野は運動とストレスケアを組み合わせたメンタルフィットネス。

著書「ストレス解消の超正攻法」をはじめ、健康本を5冊出版。Amazonカテゴリー1位を獲得。東洋経済オンラインやYahoo!ニュースなど大手Webメディアで専門家記事を執筆。スポーツ専門学校の非常勤講師として学生向けの加圧トレーニング授業も担当。

関連する投稿

▼『ダイエット中に食べたラーメンを帳消しにする方法』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~