「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

ダイエット女子がよく失敗するコンビニ食品の選び方

2017.04.20 (木)

ダイエット女子がよく失敗するコンビニ食品の選び方

 

 

先週のメルマガの中で、ある商品について辛口コメントをしました。某ダイエットジムが販売しているプロテインドリンクについてです。「プロテイン5000mg配合」と書かれていますが、5000mgというのは5gのことです。

 

 

単位を変えることでたくさん入っているように見せていますが、実際はゆでたまご1つ程度のタンパク質しか入っていません。通常のプロテインには20g前後のタンパク質が入っています。150円で5gというのは、普通のジュースなら理解できますが、プロテインドリンクと称しているならあまりにも少ないです。

 

 

また、同じ会社から「脂質0」のグミが販売されています。これも脂質0と聞くとダイエットに良さそうと感じますが、基本的にグミには脂質は入っていません。入っていたとしても1g程度なので、グミを選ぶのに脂質はあまり関係ありません。

 

 

もちろん嘘ではありませんが、そのように書かれていると他のグミには脂質が入っているんだと錯覚してしまいますよね。これらの記載は書いたモン勝ちなところもあり、商品の販売戦略としてはすごく上手です。

 

 

「食べると痩せる」とも一言も書かれていないので、買い手側が勝手に「ダイエットジムが出している商品」「脂質が入っていない」というところから、食べれば痩せると勘違いしてしまうのです。

 

 

ではトレーナーは実際にコンビニでどのような食品を買っているのか。私がよく食べるコンビニ食品を紹介します。まずはファミリーマートで売られている「銀鮭の塩焼き」です。タンパク質15.3g、脂質9.0gです。先ほどのプロテインドリンクよりも3倍のタンパク質が入っています。

 

 

また、デザートを食べる時はダノンのギリシャヨーグルト「オイコス」を買っています。これはタンパク質9.6g、脂質0gです。プロテインドリンクよりもヨーグルトの方がタンパク質が多く入っています。脂質もグミと同じで0gです。

 

 

理論的に考えがちな男性は、成分をチェックしてから商品を買います。ですが女性はパッケージなどで商品を選ぶ傾向になります。ダイエット女子が商品選びに失敗しないために、購入前に成分もチェックしてみましょう。

 

 

 

スポーツクラブでは教えてくれない
ダイエット心理学はこちら

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『ダイエット女子がよく失敗するコンビニ食品の選び方』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~