「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

ダイエットによる皮膚のたるみ。原因と対策

2016.11.07 (月)

ダイエットによる皮膚のたるみ。原因と対策

短期間で10kgも体重を落とすような急激なダイエットは皮膚のたるみの原因となります。脂肪が燃えるスピードに皮膚が戻るスピードがついていけないため、体重が落ちても皮膚だけが残って伸びてしまいます。皮膚が再生するのには4ヶ月から半年と言われます。そのため、ダイエットをする時も4ヶ月から半年以上は時間をかけながら行いましょう。

 

一度伸びてしまった皮を取り除くのは難しいです。手術による切除もありますが、私はオススメしません。伸びてしまった時の対処法を考えるよりも、皮が伸びないためのダイエット計画を立てるようにしましょう。はやく痩せたい気持ちもわかりますが、少しずつ体重を落としていくことをオススメします。

 

セカンドフィットネスでは、体重を落とすペースについてもアドバイスをしています。具体的にいうと、1ヶ月で落としていい体重の上限は5%まで。半年で落としていい体重の上限は10%です。それを超えないようなダイエットメニューを組んでいます。(個人差はあります)

 

ダイエットをして皮膚がたるまない方法は2つです。1つは筋トレをして筋肉をつけること。皮膚の組織の下にある筋肉が小さいと、より皮膚がたるんで見えます。筋トレはダイエット効果も高いので、ぜひ運動メニューに取り入れましょう。2つめは脂肪をつけることです。ダイエット中に脂肪をつけることに抵抗があるかもしれませんが、やはり皮膚の組織の下にある脂肪や筋肉が少ないと、皮膚がたるんでしまいます。

 

実は体脂肪が一桁のボディービルダーでも、皮膚をつまむとたるんでいる人もいます。極端に体重や体脂肪を落としてしまうと皮膚のたるみの原因となります。男性は体脂肪率10~20%、女性は20~30%を目安にダイエットを行いましょう。

 

ダイエットの豆知識はこちら(無料小冊子)

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『ダイエットによる皮膚のたるみ。原因と対策』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~