「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

骨盤の歪みによる症状。腰痛以外に気をつけたいデメリット

2018.12.15 (土)

体の調子を整えたい

骨盤の歪みによる症状といえば、腰痛が最初に思いつきますが、腰痛以外にも様々な症状・デメリットがあります。骨盤・骨格の歪みは誰にでもあるものですが、大事なのは歪みや体のクセを自分で知っているかどうかです。自分の歪みやクセを知ることで、常に体を中心軸へと戻し、歪みを最小限にできます。

骨盤の歪みがあると太る理由

歪みは代謝を下げ、効率の悪いからだになり、皮下脂肪が筋肉のすき間に溜まってしまいます。この脂肪を撃退するには筋肉を最大限に動かすことが必要です。しかし、骨が歪んでいると、全体の筋肉を均等に動かせず、代謝も上がりづらくなります。更に、老廃物も出しにくくなり、太りやすい身体へと変わっていきます。

 

 

なぜ骨盤、肩甲骨、股関節がカギなのか?

骨は全身繋がっているものです。どこか1ヶ所が歪めば、全身に影響が出ます。特に骨盤・肩甲骨・股関節の3ヶ所は可動域が広く、あらゆる方向に動かすことができます。歪みやすい場所でもあるので、この3ヶ所が正しい位置にあるのか、正しい動きをしているのかが大切です。

 

 

老廃物が溜まりやすい場所とは?

肩甲骨は体の中で、唯一、宙に浮いて動く骨です。まさに天使の羽がパタパタ動くイメージです。しかし、浮いているだけに老廃物も溜まりやすい場所。特に、肩甲骨とろっ骨の間、肩甲骨の裏側に溜まります。これは肩甲骨を全方向に動かしきれていない証拠です。老廃物を溜めないためにも、マメに動かすように心掛けましょう。

 

 

下半身太りの原因は股関節

股関節は球体の関節で可動域が広いのですが、充分に使えていない人が多いのです。可動域が狭いと筋肉の動きが小さくなり、身体のバランスも崩れます。たとえば、股関節が外に開いたままだと、太ももの外側ばかり使ってしまい、内側の筋肉が弱くなります。すると、太ももは外へ張り出し、太く見えてしまいます。股関節の動きを良くすることが太もも痩せのポイントとなります。

 

 

メンタルへの影響も!

脳につながる神経は背骨に集中しています。背骨につながる骨盤・肩甲骨を刺激し、背骨を動かすことが身体と脳の神経伝達をスムーズにします。また、骨格が整うと情緒も安定します。睡眠の質が変わるなど、さまざまな症状の改善にもつながります。

 

 

生理とともに骨盤が開閉する

女性の場合、生理前に骨盤が少しずつ開き、生理後に少しずつ閉まっていきます。しかし、最近はこの開閉運動がスムーズにいかない女性が増えているようです。骨盤の動きが鈍くなると、子宮や卵巣の掃除が中途半端になり、体内に蓄積されてしまいます。生理が長引いたり、排出物を出しきった感が無い人は注意しましょう。

 

 

まとめ

骨盤の歪みは遺伝よりも、生活習慣や育ってきた環境による影響が大きいと言われています。なので、骨盤の歪みによって現れた症状は、生活習慣を整えることで改善が期待できます。身体を意識的に動かすことと、正しい姿勢作りを心掛けましょう。

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『骨盤の歪みによる症状。腰痛以外に気をつけたいデメリット』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~