心と体を整えるコラム更新中!
セカンドフィットネス」で検索してください

「自分の体が好きになるフィットネス」無料メール講座【週1配信】

自分に自信が持てないあなたが、心と体を整えて前向きになれる「フィットネス×自分磨き」メソッド

免疫力が低下する原因は主に5つ。風邪を引かない体調管理のコツ

2020.03.03 (火)

体の調子を整えたい

免疫力が低下する原因として考えられることは5つあります。風邪を引きやすいあなたは本記事で紹介する5つの原因に心当たりはないでしょうか?

免疫力低下の原因1.加齢

 

免疫力が低下する原因の1つめは、加齢によるものです。加齢によってNK細胞の働きが低下したと考えられます。

 

NK細胞とは、ナチュラルキラー細胞のこと。人間なら誰でも体内に持っていて、ウィルスやがん細胞など体にとってマイナスの影響を与える細胞を撃退できるという作用がある

 

白血球の中にあるNK細胞の働きは、10~20歳頃をピークに迎え、その後は低下すると考えられています。若いうちはNK細胞の働きが強いので多少の無理もできますが、年齢を重ねてから体を酷使すると体調を崩しやすくなります。

 

特に40代からは何もしなければ免疫力は低下する一方なので、運動・食事・生活習慣・サプリメントなどによるケアも必要になります。

 

免疫力低下の原因2.偏った食生活

 

免疫力が低下する原因の2つめは、偏った食生活です。インスタント食品・ジャンクフード・加工食品を食べすぎたり、外食が日常的になっているなど、現代の食生活は乱れやすくなっています。

 

現代型免疫力低下という言葉もありますが、年々、偏った食生活は問題視されるようになってきました。免疫力を高めたいと思ったら、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

免疫細胞はタンパク質を中心に、さまざまな物質からできてきます。偏った食生活によって栄養が不足すると免疫細胞が十分に作られなくなり、免疫力が下がってしまいます。また、食物繊維が少ない食生活を続けていると腸内環境が悪化し、免疫力が低下します。

 

 

免疫力低下の原因3.ストレス

 

免疫力が低下する原因の3つめは、ストレスです。NK細胞は、感情や心の動きに大きな影響を受けます。悲しい・苦しいといったネガティブな感情も免疫力に影響します。

 

逆に、笑うことによってセロトニンなどが分泌され、ストレスに強い状態になります。その結果、免疫力の強化につながります。ストレスが溜まりやすい人は、お笑いDVDを見たり、鏡に向かってニッコリ笑う練習をするなどをして、免疫力を高めましょう。

 

免疫力低下の原因4.不規則な生活

 

免疫力が低下する原因の4つめは、不規則な生活です。不規則な生活をしていると免疫細胞が自律神経に影響を受けてしまいます。

 

本来、人間の体は昼間に活動して、夜は休むようにできています。免疫システムも当然そのリズムで働いていて、このリズムが乱れると免疫システムそのものに変調をきたします。

 

免疫力低下の原因5.薬の飲みすぎ

 

免疫力が低下する原因の5つめは、薬の飲みすぎです。

 

体調を整えるのに薬は大事なものですが、体の症状があまりひどくないにもかかわらず薬に頼りすぎてしまうと、自らの治癒能力が低下してしまいます。

 

健康的な体を保つ上で、薬は医師の指導のもとに必要量を守りながら飲むようにしましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。日々の仕事に追われていたり、季節の変わり目に風邪を引きやすい方は、免疫力の低下を防ぎ、健康な体で毎日を過ごせるように体調管理をしていきましょう。

 

セカンドフィットネスでは、「なりたい理想の姿を実現して、自分の体が好きになる」ようなメニューをご提供しています。

挫折しないで続けるためには、ご自身のお悩みやご要望、体と心の状態にあわせて、ご自身にとって効果的で最適な手段を選ぶことが重要です。

加圧トレーニング、酵素ダイエット、メンタルフィットネス、遠隔レッスンや無料・有料の教材などから最適な手段をご提案いたします。

おすすめメニュー診断はこちら »

  • 毎日残業が続いていて寝不足
  • 朝起きた時にすでに疲れている
  • ストレスによる過食で太った
  • 休日に趣味を楽しむ余裕がない
  • 自律神経の乱れに悩んでいる
  • 挫折や失恋から自信を失くした
  • 朝の通勤電車や会議中にお腹が痛くなる
  • 常に緊張していて不安感がある

など、メンタル不調にお悩みの方に向けた運動指導・健康セミナー・オンライン講座・遠隔レッスン・各種イベントをご提供しています。

セカンドフィットネスの専門家・『ストレス解消の超正攻法』など5冊の著者・武内教宜による実践的なノウハウとサポートです。

武内教宜 著書5冊の表紙

部活の体罰やパワハラがきっかけで、15歳でパニック障害に。外出ができず、自傷行為を行うような状態になるが、体を動かすことで自律神経が整い、パニック障害を克服。

健康を取り戻した後は、ジムのインストラクターとして社会復帰し、2014年にフィットネススタジオを開業。
パニック障害歴10年、運動指導歴14年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。

まずは、「最適なストレス解消法が見つかる【5ステップ無料メール講座】」や「自律神経を整えるメンタルフィットネス動画セミナー(入門編)」にお申し込みください。

以下より「『我慢しない・無理しないダイエット』無料メール講座」もぜひご登録ください。

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:武内教宜

1985年生まれ。埼玉県出身。運動指導歴14年、パニック障害歴10年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。専門分野は運動とストレスケアを組み合わせたメンタルフィットネス。

著書「ストレス解消の超正攻法」をはじめ、健康本を5冊出版。Amazonカテゴリー1位を獲得。東洋経済オンラインやYahoo!ニュースなど大手Webメディアで専門家記事を執筆。スポーツ専門学校の非常勤講師として学生向けの加圧トレーニング授業も担当。

関連する投稿

▼『免疫力が低下する原因は主に5つ。風邪を引かない体調管理のコツ』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~