運動が苦手でもダイエットを続けられる5つのコツ

2017.01.30 (月)

運動が苦手でもダイエットを続けられる5つのコツ

運動が苦手、めんどくさい、コンプレックスがある。そんなあなたでも痩せる方法があります。ダイエットに成功する人と失敗する人の違いは、自分のタイプに合った運動内容で行えているかどうかです。今回は5つのタイプを紹介します。あなたの性格に合った運動方法を見つけて実践していきましょう。

 

 

 

A.最初の意欲はあるが続かない「運動を一生懸命がんばろう」タイプ

Aタイプのあなたは、頑張り屋さん。最初は勢いがあるものの、だんだん尻すぼみになっていくタイプです。ダイエットに良いと聞くと張り切って始めますが、自分の生活や体力と合わないために無理が生じ、続かなくなる傾向があります。まずは「無理なく続けられる運動を自分のペースで続ける」と決め、ほどほどに頑張りましょう。

 

 

 

B.運動することが負担になる「ツラくても運動しなくちゃ…」タイプ

Bタイプのあなたは真面目で几帳面な人。「ダイエットを成功させよう」「しっかり運動しよう」という気構えがありすぎて、負担になってしまう傾向が・・・。少しでもできないと「サボっちゃったし、太ったかも?」と気にしすぎなところも。まずはリラックスして、体調やその日のスケジュールと相談しつつ、「ちょっとでも出来る運動を、少しずつやる」のがオススメです。

 

 

 

C.学生時代から体育の授業が苦手な「運動は嫌い」タイプ

Cタイプのあなたは根っからの運動嫌い。学生時代のイヤな思い出が「運動は不快なもの」というイメージにつながっています。「運動」という言葉にとらわれすぎず、自分が抵抗なく行える「散歩」「サイクリング」などを習慣にすればOKです。ポイントは「ウォーキング」ではなく「散歩」というように、やっている事は同じでも、ストレスに感じないような考えを持つことです。

 

 

 

D.運動中の姿を見られるのがイヤな「運動コンプレックス」タイプ

Dタイプのあなたは、人に見られることにコンプレックスがあるタイプ。「ウォーキングをしているのを人に見られたくない」「スポーツクラブで水着姿を見られるのが恥ずかしい」といった意識から、人前で運動することを避けやすい人です。屋外で行わなくても大丈夫ですので、ストレッチや室内での足踏み運動など、人目が気にならず存分にできるものを選びましょう。しっかり行えばダイエット効果がアップします。

 

 

 

E.楽に痩せられる方法を探してしまう「運動は面倒くさい」タイプ

Eタイプのあなたは楽天家でちょっとズボラ。「まあ、1日くらい運動しなくてもいいよね~」という気分が3日、1週間と続いてしまい、習慣化できないタイプかも。明日から…、来週から…、来月から…というように後回しにしがちです。「私は本気を出せばいつでも痩せられる」という思考もあり、そんな状態が何年も続いているケースもあります。まずは「お風呂上りにストレッチ」「コンビニまでは自転車ではなく歩く」など、習慣にしやすいものを生活に取り入れるようにしましょう。

 

 

 

いかがでしたか。5つのタイプの中に当てはまるものがあれば、ぜひ実践してみましょう。セカンドフィットネスでは運動が苦手な人でもダイエットに成功しています。

 

 

セカンドフィットネスのノウハウはこちら

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 運動が苦手でもダイエットを続けられる5つのコツ

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP