腹筋女性が「1種目」でお腹を引き締めるやり方

2018.06.02 (土)

 

 

腹筋には腹直筋、腹斜筋、腹横筋などさまざまな筋肉があります。これまで腹直筋の上部を鍛えるクランチ下っ腹を鍛えるレッグレイズ腹斜筋を鍛えるツイストのやり方を紹介してきました。

 

 

今回は、複数のお腹の筋肉を1種目のエクササイズでまとめて鍛えるやり方を紹介します。エクササイズの種目の名前は「ダイアゴナルクランチ」といいます。ダイアゴナルというのは、斜めや対角を意味しており、体を対角線上で動かしながらクランチを行ないます。

 

 

たくさんの種目をこなすのが大変だという腹筋女子はこのエクササイズを覚えておきましょう。やり方は腹筋レベルに合わせて、3種類紹介します。まずは簡単なやり方から行い、慣れてきたら強度を上げましょう。

 

 

 

 

 

腹筋レベル1.一回ずつ丁寧に行なう

右肘と左膝を近づけるように体を持ち上げていきます。体を持ち上げたらゆっくり体を下ろします。次に逆側で同じように行ないます。これを左右交互にくり返しましょう。

 

 

腹筋レベル2.上体を浮かせたまま行なう

上体を浮かせたまま行なうと、腹筋の上部により負荷がかかります。一回ずつ下ろすと休憩ができますが、上体を持ち上げたままキープすると常にお腹に筋肉が使われた状態になります。

 

 

腹筋レベル3.脚も浮かせて行う

脚も浮かせて行なうことで、腹筋の下部も鍛えられます。自転車を漕ぐような動きで行ないましょう。

 

 

 

腹筋のやり方はたくさんあり、どのやり方が効くかは人によって異なります。使っている筋肉を意識しながら、あなたに合った負荷を見つけながら行いましょう。

 

 

関連記事⇒「効果的にお腹をへこませる3つの方法」

 

 

 

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれない豆知識


無料メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス

 

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 腹筋女性が「1種目」でお腹を引き締めるやり方

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP