スポーツジムでダイエットを成功させる3つのコツ

 

 

ダイエットを成功させる3つコツ

初めてダイエットをした時に「何から始めれば良いのかわからない」と思った事はありませんか?スポーツジムに入会し、オリエンテーションを受けた後は各自でのトレーニングとなります。オリエンテーションは初心者向けの説明会ですが、その内容はマシンの操作方法や施設のルール説明が中心です。

 

オリエンテーションを受け、「マシンの使い方はなんとなく理解した。でも何からやればいいんだろう?」と思ったことはある人もいるはず。とりあえずストレッチして、ランニングマシンで汗をかくまで走って、体力が残っていれば筋トレマシンを使う。そんなダイエットメニューになっていませんか?
スタッフから声をかけられる事もなく、「正しく出来ているのかな?」なんて疑問に感じながら何ヶ月もダイエットを繰り返す。でもなかなか思うような効果がでない。頑張っているのに…。そのように「スポーツジムの運動に満足していない」「何をすれば良いかわからない」「マンネリ化している」という方に、スポーツジムでダイエットを成功させる3つのコツを紹介します。

 

 

①トレーニングメニューの組み方

まず最初にコチラの動画をご覧下さい。

 

 

まずは最初にウォーキングやエアロバイクで【準備運動】を行います。最初はストレッチからじゃないの?と思うかもしれませんが、筋肉が冷たい状態でいきなりストレッチをすると筋繊維を傷めてしまいます。筋肉を輪ゴムで例えると、冷たい輪ゴムをいきなり引っ張ると切れてしまいますよね。切れないように伸ばすには、しっかりと温めてゆっくりと少しずつ伸ばしていきます。それと同じで、先に軽く体を動かして筋温を上げましょう。その場で足踏みをするだけでもOKです。これはあくまでも体を温める為の運動です。

 

脂肪燃焼を目的とした有酸素運動ではありません。筋肉を温めたら次は【ストレッチ】です。動きのあるストレッチで筋肉をほぐします。膝の屈伸運動のように動きをつけて行います。

 

次に【筋力トレーニング】です。筋トレは大きい筋肉から小さい筋肉の順に鍛えます。大きい筋肉は胸、背中、脚、お腹などです。小さい筋肉は肩、二の腕、ふくらはぎなどです。トレーニングの順番としてはチェストプレス(腕立て伏せ)→アームカール(力こぶの筋トレ)のような順番になります。これも多くの方が、気になる部位から鍛え始めます。特に女性の場合、二の腕や内股など。気になる部分から始めたくなる気持ちもわかります。しかし効果的な順番を意識する事でより目標達成への近道となります。

 

筋トレの後は【有酸素運動】を行います。有酸素運動というのはウォーキング、ジョギング、自転車、水泳、エアロビクスなど。スポーツクラブでエアロビクス等を行う場合は、先に筋トレを終わらせてからスタジオレッスンに参加しましょう。ほとんどの方が、スタジオレッスンの時間に合わせて来館し、スタジオレッスンが終わってからジムで筋トレを始めます。より効果を出すためには順番を逆にしてみましょう。

 

そして最後に【ストレッチ】で体をほぐします。クールダウンのストレッチは座った状態で、ゆっくりと行います。前屈や開脚など、呼吸を整えながら無理ない程度に伸ばしましょう。以上をまとめるとこのような順番になります。

 

①体を温める②ストレッチ③筋トレ④有酸素運動⑤ストレッチ
普段行っている順番とあっていましたか?「体が冷たい状態でいきなりストレッチしていた」「有酸素運動と筋トレの順番が逆だった」「気になる部分から筋トレしていた」と心当たりのある方もいるのではないでしょうか?

 

スポーツクラブにはたくさんの人がいますが、「隣の人と同じマシンを使っているはずなのに、同じレッスンに参加しているはずなのに、なぜ私だけ体が変わらないんだろう?」と感じている方は、順番の見直しが必要です。一度トレーナーに運動プログラムを作ってもらいましょう。

 

パーソナルトレーニングは「運動経験者がレベルの高いトレーニングを習っている」というイメージを持たれている方が多いようですが、初めての方こそ参加して頂きたいと思っています。初心者向けのトレーニングメニューを提供しているトレーナーもたくさんいます。変な体のクセがつく前に、最初に正しいトレーニング方法を身につけましょう。いきなりトレーニングを受けるのが不安な方はまずは体験レッスンから参加してみましょう。

 

 

②手帳を活用する

f6fc8591f63b2620797f796dcb5e5be4_s

 

運動を始めたばかりの方は、スポーツジムに通う事や運動をする事がまだ習慣になっていません。ジムに入会した最初の3ヶ月は手帳にスケジュールを記入しましょう。手帳が空白だと他の予定が入ればそちらが優先されます。特に必要でない用事でも優先されてしまい、ジムに行けなくなります。

 

ジムの予定を後回しにして、いざ時間が出来てジムに行こうと思った時に、ジムが休館日だり、体調が優れないという事もあります。先にジムに行く予定を記入しておけば忘れることはありません。後から他の予定が入った場合、どちらが大事かを考えて、他の用事の方が大事であればジムを休めばいいのです。ダイエット継続に成功している人は日常的に運動する事や食事管理が習慣になっています。

 

✅何曜日にスポーツジムに行くのか?
✅今月は飲み会が何回あるのか?
✅いつまでにどんな自分になりたいのか?

 

それらをしっかりと管理し、計画的に行動しています。そして、企業の社長さんや働くお母さんなど、忙しい人ほど時間を上手に使っています。「忙しい」というのは運動できない理由にはならないという事です。運動する事が習慣になるまでは、自ら意識して手帳などで管理するようにしましょう!

 

「行ける時に行こう」では「いつまでたっても行かない」になってしまいます。手帳でしっかりと管理し、さらに「予約を入れる」「ジムで友達と待ち合わせる」など、誰かと約束をする事で行動しやすい環境を作っていきましょう。

 

 

③ストレスを溜めない

f9d3cd0a6ba779205c25cac648aac1c7_s

 

ストレスホルモン(コルチゾール)は筋力低下の原因になります。同じ運動をしていても、楽しく運動している人と、ストレスを抱えながら運動している人で効果が違うのです。ストレスを溜めずに運動するために、まずは自分自身と向き合いましょう。自分の事がわからなくては充実した運動もできません。

 

✅一人で運動するのが好きなのか?
✅みんなで一緒に運動するのが好きなのか?
✅たくさん動いて気持ちのいい汗をかきたいのか?
✅ゆっくりした動きでのんびり体を温めたいのか?

 

「スタッフに勧められたからなんとなくランニングマシンで走ってるけど、なんかつまんない。」「エアロビクスに誘われて参加してみたけど、本当は静かなところで自分のペースで運動したい。」そのように思ったことはありませんか?時には苦手な(嫌いな)エクササイズを行った方が良い場合もあります。しかし、それがストレスに感じてしまう場合は他の方法を考えていきましょう。

 

 

 

セカンドフィットネスでは単に体を動かすだけでなく、ストレスを取り除きながら効果が出やすいダイエット方法を一緒に考え、提供しています。現在の運動内容やジムの指導内容に満足感が得られないという方はぜひ一度、セカンドフィットネスをお試しください。

 

ダイエット成功の秘訣(無料小冊子)

▼シェアをお願い致します!▼

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP