足が細くなる運動。「ニーアップ」のやり方とストレッチ法

2017.08.03 (木)

足が細くなる運動「二ーアップ」

足を細くしたいと思っているあなたは普段歩くときに、ドコの筋肉を使っていますか?よくわからないという方は、長時間歩いたときにドコが筋肉痛になりますか?

 

ふくらはぎが筋肉痛になる人。太ももが筋肉痛になる人。脚のつけ根が筋肉痛になる人。人によって様々だと思いますが、太ももの筋肉は使いすぎると太くなってしまいます。なので、太ももは極力使わず、股関節(脚のつけ根)を使って歩けるようにしましょう。脚のつけ根には腸腰筋という筋肉があります。もも上げ動作で鍛えられるので今日のトレーニングから早速取り入れてください。

 

脚のつけ根のトレーニングは【二―アップ】といいます。この種目は立った状態で片足を一歩後ろに下げたところから行います。後ろに下げた足を、前に持ち上げながら膝(太もも)を上げていきます。

 

 

ポイントは上げている脚のつま先の向きです。つま先が前を向いてしまうとスネの筋肉が使われます。つま先は下を向けるか、もしくは足首の力を抜いて自然な方向にむけてあげましょう。

 

足を細くしてデニムをキレイに履きこなしたいという方はぜひお試しください。最初は20回を2~3セットを目安に行います。慣れてきたら回数・セット数を増やしましょう。

 

 

足が細くなるストレッチ

腸腰筋のストレッチは、まず片膝立ちになります。ストレッチしたい側の膝をつき、逆側の脚を立てます。手は前足の膝に置きましょう。そしてそのまま前に体重をかけ、脚のつけ根を伸ばしていきます。

 

床につけている膝が痛いという方は、クッションやタオルを敷いて行ってください。枕などでも大丈夫です。一番理想は、ジムにあるフレックスクッション(台形のクッション)を使う事です。スポーツクラブに通われている方は、ぜひフレックスクッションを使ってみてください。伸び方が全然違うのがわかるはずです。

 

この腸腰筋は階段を上がる時などにも使われているので、トレーニングをしていない日でもストレッチしてOKです。

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

無料メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス

 

 

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 足が細くなる運動。「ニーアップ」のやり方とストレッチ法

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、
毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP