「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

加圧トレーニングのベルトを巻く正しい位置

2019.04.18 (木)

加圧トレーニングの経験がないと、「どんなことをするのか?」「どんなベルトを巻くのか?」「血は止まらないのか?」など、何もわからないので不安が強いと思います。そこで今日は加圧トレーニングのベルトについて紹介します。

加圧トレーニングベルトの仕組み

まず、下の写真が加圧トレーニングの専用ベルトです。腕用2本、脚用2本あります。4本同時に巻くことはなく、上半身を鍛えるときは腕用のベルト、下半身を鍛えるときは脚用のベルトを巻きます。

 

DSC_0018

 

この加圧ベルトは「空圧式」です。ベルトの中にチューブが入っており、器械で空気を入れると、このチューブが膨らみます。下の写真の、2本のベルトの上が空気が入っている状態、下が空気が入っていない状態です。

 

DSC_0017

 

写真ではわかりにくいかもしれませんが、上のベルトには空気がパンパンに入っています。空気が入って膨らむことで、血管を圧迫するのです。空気圧をどれくらい入れるか(どれぐらい膨らませるか)で、血管を締める強さが変えられます。初めての方は少しだけ、慣れてきたら少しずつ圧を高めていきましょう。

 

 

加圧トレーニングベルトを巻く位置

 

加圧トレーニングは、上半身を鍛える時は腕、下半身を鍛える時は脚にベルトを巻きます。胸・背中・お腹を鍛える時は腕か脚のどちらかに巻きます。お腹にベルトを巻くことはありません。

 

このベルトを巻く位置が正しくないと、トレーニングの効果が半減してしまいます。お客様が自分で巻くことはありませんが、加圧トレーニングの知識としてぜひ覚えておいてください。

 

腕に巻くときは、二の腕のつけ根に巻きます。具体的にいうと、肩の筋肉(三角筋)と二の腕(上腕二頭筋)の境目です。脚に巻くときは、腕と同じように脚のつけ根に巻きます。太ももの筋肉を締め付けると痛いので、少し動きにくいですが、ビキニラインに巻いていきます。

 

汗でベルトがズレたり、肌がかぶれる可能性があるので、素肌には巻けません。必ずTシャツやジャージなどの袖付きの服をご用意ください。タンクトップやノースリーブはNGです。また、ズボンのポケットに鍵や小銭が入っていて、一緒に締めてしまったというケースもあります。脚に加圧ベルトを巻く時は、ポケットの中を空っぽにしておきましょう。

 

動画解説

 

血は止まらないの?

加圧トレーニングは、血を止めて行うものだと思っている方もいますが、血は止まりません。血管には静脈と動脈の2つがありますが、静脈だけに制限をかけるので、動脈は通常どおり流れている状態です。

 

「血を止める」ではなく、「血流を制限する」というのが正解です。資格を持っている加圧トレーナーなら、静脈だけに制限をかけることができますので、必ず有資格者のいる施設で行うようにしてください。

 

動画解説

 

加圧ベルトは誰でも買えるの?

 

最近は「加圧ウェア」「加圧ベルト」という商品名の類似品が増えています。加圧トレーニングのベルトは一般販売はしていませんので、ネットで購入できるものはほぼ偽物だと思ってください。

 

加圧ジャパンのロゴが入っているものが正規品で、基本的には指導用として作られているので、40万円ほどの資格受講料を支払い、試験に合格したインストラクターしか扱えません。正規の加圧ベルトを購入できるのも有資格者のみです。

 

例外として、「カーツ」というウェアは一般の方も購入できます。トレーニングウェアにベルトが付いているものが、ヴィクトリアなどのスポーツショップで購入できます。

 

ただし、この「カーツ」というウェアを購入する場合も、購入店でベルトの巻き方などの講習を受ける必要があります。販売店で専門スタッフから講習を受けた人だけが購入できます。

 

そのため、一般の方が加圧トレーニングを行いたい場合、販売店で講習を受けてベルトを購入するか、加圧スタジオに通ってトレーナーのレッスンを受けるかの2択になります。

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『加圧トレーニングのベルトを巻く正しい位置』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~