お役立ちコラム更新中!
セカンドフィットネス」で検索してください

「40代からの健康美」無料メール講座【週1配信】

オトナ女子・男性がもう一度輝くフィットネスメソッド

腹筋ローラーの使い方を動画で解説。ダイエット女子が効果的にお腹を鍛える方法

2017.07.06 (木)

お腹をへこませたい

腹筋ローラーの使い方を動画で解説

腹筋ローラーを買ったけど使い方がよくわからない。挑戦してみても1回もできない。そんなダイエット女子におすすめの腹筋ローラーの使い方を動画で解説します。私はこのやり方を「壁ドンローラー」と呼んでいます。youtubeの視聴者さんが名付けてくれたエクササイズで、その名のとおり壁を使って腹筋ローラーを行ないます。

 

コツ1.壁を使う

まずは腹筋ローラーを壁にあわせます。そのあとに膝をセットして行ないます。そうすることで体が前に倒れることがなく、腹筋は苦手な人でも続けられます。これは自宅でもジムでもできる方法です。慣れてきたら少しずつ膝の位置を遠くしていきます。10~20回を目安に、スムーズにできるようになったら負荷を上げていきましょう。

 

コツ2.ローラーの幅を調節する

組み立て式の腹筋ローラーは、ローラー部分の幅を調整できます。幅を広くすることで安定し、腹筋が弱い人でもできるようになります。逆にローラー部分を狭くしたり、1本にすることで不安定になり、体幹も鍛えられます。腹筋ローラーもいろんなメーカーのものがありますが、バリエーションを増やせるので組み立て式のものを使ってみてください。

 

 

 

さらに負荷を上げたい場合

 

この動画で紹介している腹筋ローラーの使い方は、通常と同じ動作ですが「動きの幅」を変えます。1回1回スタートポジションまで戻してしまうと、そこで休憩ができてしまいます。できるだけ筋肉を使い続けたいので、戻しきらずに2回目を続けて行いましょう。これは中・上級者向けの方法になりますので、腰痛に気をつけながら行なってみてください。

\ 新規メンバー募集中 /

オンラインジム ROOM

セカンドフィットネスでは、「なりたい理想の姿を実現して、自分の体が好きになる」ようなメニューをご提供しています。

挫折しないで続けるためには、ご自身のお悩みやご要望、体と心の状態にあわせて、ご自身にとって効果的で最適な手段を選ぶことが重要です。

加圧トレーニング、酵素ダイエット、オンラインジム、遠隔レッスンや無料・有料の教材などから最適な手段をご提案いたします。

おすすめメニュー診断はこちら »

武内教宜 著書5冊の表紙 セカンドフィットネススタジオでは、
  • 産後に増えた体重が戻らなくなった
  • ズボンのボタンがとまらなくなった
  • 「おばさん」と言われることが増えた
  • 旦那から女性として見られなくなった
  • 肌のハリやツヤが無くなってきた
  • 健康診断でメタボ腹だと言われた
  • 食事制限をしても体重が落ちない
  • 体力低下、疲労、体の衰えを感じる

など、40代からの体の悩みがある方に向けた運動指導・健康セミナー・オンライン講座・遠隔レッスン・各種イベントをご提供しています。

ジムインストラクターであり、『ダイエットは目標設定が9割』などダイエット・健康本の著者でもある武内教宜による実践的なノウハウとサポートです。

以下より「『オトナ女子・男性がもう一度輝くフィットネスメソッド』無料メール講座」もぜひご登録ください。

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
「オトナ女子・男性がもう一度輝くフィットネスメソッド」無料メール講座

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週
(29、30、31日)
営業時間 11:00~22:00
(最終受付20時)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:武内教宜

武内教宜

1985年生まれ。埼玉県出身。ジムインストラクター。運動指導歴15年の経験から、40代のオトナ女子・男性がもう一度輝く「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。専門分野は加圧トレーニングを用いたダイエット指導。

著書「ダイエットは目標設定が9割」をはじめ、ダイエット・健康本を多数出版。Amazonカテゴリー1位を獲得。Webライターとしても活動し、東洋経済オンラインやYahoo!ニュースなど大手Webメディアで記事を執筆。スポーツ専門学校の非常勤講師として学生向けの加圧トレーニング授業も担当。

関連する投稿

▼『腹筋ローラーの使い方を動画で解説。ダイエット女子が効果的にお腹を鍛える方法』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

    お名前 *
    メールアドレス *
    お電話番号
    件名 *
    お問い合わせ・
    ご相談内容 *
    ご希望日
    レッスンをお申込みの方のみ*
    第一希望: 時頃~
    第二希望: 時頃~
    第三希望: 時頃~