お役立ちコラム更新中!
セカンドフィットネス」で検索してください

「40代からの健康美」無料メール講座【週1配信】

オトナ女子・男性がもう一度輝くフィットネスメソッド

汗をかくほど痩せるのか?汗とダイエットの関係性

2021.08.25 (水)

体重を減らしたい・痩せたい

汗をかくフィットネス女子
運動してもあまり汗をかきません。やはり汗をたくさんかいた方が痩せるのでしょうか?

そのようなご質問にお答えします。

この記事の内容
✅汗をかくと痩せるのか?
✅汗腺には2種類ある
✅ダイエット効果を高めるコツ

運動すると汗をかきますが、汗の量には個人差があります。

たくさん汗をかくほど痩せるイメージがありますが、汗の量とダイエット効果には関係があるのでしょうか?

がんばって運動しても汗が出ないと「効果がないのかな?」と心配になりますよね。

そこで本記事では、運動しても汗が出ない方に向けて、汗とダイエットの関係性について紹介します。

運動しても汗をかきにくい方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

武内教宜
武内教宜
★本記事の信憑性★
この記事は『ダイエットは目標設定が9割』など7冊の健康本の著者でもある現役パーソナルトレーナーが執筆しています。

汗をかくと痩せるのか?

ダンベルエクササイズで汗をかいて休憩する女性

 

結論からいえば、汗をかいただけでは痩せません。

汗をかく目的は「体温の調節」だからです。

夏場は暑くて汗をかきますが、運動しているわけではないのでダイエット効果は期待できません。

サウナや入浴も同じで、デトックス効果は期待できますが、脂肪燃焼にはなりません。

たしかに汗をかいた後は体重が減ります。

しかしそれは水分ロス(体内の水分が減ったことによる一時的な体重減少)です。

水を飲めば元の体重に戻るので、脂肪が燃えているわけではありません。

痩せるためには「水分ロス」ではなく、「脂肪ロス」が必要となります。

 

武内教宜
武内教宜
スポーツ科学者のハリー・エイトキン氏も「汗はどれだけ激しく運動しているかではなく、体温調節を示すものです。この2つは関連してはいますが、別物です」と述べています。

 

汗の量には個人差がある

トレーニングで汗をかいて休憩する女性

 

汗をかく量には個人差があります。

個人差がある理由としては、汗腺の量が関係しています。

 

汗腺には2種類ある

汗腺とは、汗を分泌する腺のことです。

汗腺には「エクリン線」と「アポクリン線」の2種類あり、これらの量は個人差があります。

エクリン線は全身に200~500万個あるといわれ、汗を出す「能動汗腺」と汗を出さない「不能汗腺」に分けられます。

汗を出す能動汗腺が多い人ほど、汗をかく量が増えます。

同じ運動をしていても汗をかく量に個人差があるのは、汗腺の量が一人ひとり違うからです。

そして先に述べたとおり、汗をかく量とダイエット効果は関係ありません。

汗腺が多い人ほど汗の量が増えますが、他の人よりも脂肪が燃えているわけではないのです。

汗の量にかかわらず、同じ運動内容であれば脂肪は同じように燃焼します。

 

汗の量が減るケース

一般的に汗の量は、加齢とともに減少していく傾向があります。

実際に私のクライアントにも、50~60代になってから汗をかかなくなった方もいます。

ですが、しっかりと運動をすることでダイエットに成功しています。

また、生活習慣によっても汗腺が少なくなることがあります。

エアコンの効いた部屋で過ごす時間が長いと、汗腺の機能が低下します。

汗腺の機能が低下すると、体外へ熱を出せずに体温調節ができません。

熱中症対策としてエアコンを使うことは大切ですが、汗をかいて汗腺機能を良くすることも大切です。

 

ダイエット効果を高めるには

ジムのランニングマシンで走る女性

 

ダイエット効果を高めるには、カロリー消費が大切です。

カロリー消費は「運動強度」×「運動時間」で計算できます。

ダイエット効果の高い運動としては有酸素運動がおすすめです。

有酸素運動とは、ジョギングやエアロビクスなどの低~中強度で長時間行う運動です。

有酸素運動は15~20分以上行うことで脂肪燃焼の効果が高まります。

水分補給をしながら有酸素運動を行い、汗腺機能を高めつつダイエットをしていきましょう。

 

武内教宜
武内教宜
冷房の効いた涼しい部屋で運動しても、しっかりとカロリーを消費できていれば痩せていきます!

 

まとめ

ダンベルエクササイズで汗をかいて水分補給をする女性

 

汗の量とダイエット効果は別だと考えましょう。

汗の量が少なくても、しっかりと運動ができていればダイエット効果は得られます。

ただし、汗をかくことは体温の調節に必要です。

健康的な体を手に入れたい方は、汗腺機能を高めるための生活習慣や運動を心がけてみてください。

\ 新規メンバー募集中 /

オンラインジム ROOM

セカンドフィットネスでは、「なりたい理想の姿を実現して、自分の体が好きになる」ようなメニューをご提供しています。

挫折しないで続けるためには、ご自身のお悩みやご要望、体と心の状態にあわせて、ご自身にとって効果的で最適な手段を選ぶことが重要です。

加圧トレーニング、酵素ダイエット、オンラインジム、遠隔レッスンや無料・有料の教材などから最適な手段をご提案いたします。

おすすめメニュー診断はこちら »

武内教宜 著書5冊の表紙 セカンドフィットネススタジオでは、
  • 産後に増えた体重が戻らなくなった
  • ズボンのボタンがとまらなくなった
  • 「おばさん」と言われることが増えた
  • 旦那から女性として見られなくなった
  • 肌のハリやツヤが無くなってきた
  • 健康診断でメタボ腹だと言われた
  • 食事制限をしても体重が落ちない
  • 体力低下、疲労、体の衰えを感じる

など、40代からの体の悩みがある方に向けた運動指導・健康セミナー・オンライン講座・遠隔レッスン・各種イベントをご提供しています。

ジムインストラクターであり、『ダイエットは目標設定が9割』などダイエット・健康本の著者でもある武内教宜による実践的なノウハウとサポートです。

以下より「『オトナ女子・男性がもう一度輝くフィットネスメソッド』無料メール講座」もぜひご登録ください。

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
「オトナ女子・男性がもう一度輝くフィットネスメソッド」無料メール講座

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:武内教宜

1985年生まれ。埼玉県出身。ジムインストラクター。運動指導歴15年の経験から、40代のオトナ女子・男性がもう一度輝く「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。専門分野は加圧トレーニングを用いたダイエット指導。

著書「ダイエットは目標設定が9割」をはじめ、ダイエット・健康本を多数出版。Amazonカテゴリー1位を獲得。Webライターとしても活動し、東洋経済オンラインやYahoo!ニュースなど大手Webメディアで記事を執筆。スポーツ専門学校の非常勤講師として学生向けの加圧トレーニング授業も担当。

関連する投稿

▼『汗をかくほど痩せるのか?汗とダイエットの関係性』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

    お名前 *
    メールアドレス *
    お電話番号
    件名 *
    お問い合わせ・
    ご相談内容 *
    ご希望日
    レッスンをお申込みの方のみ*
    第一希望: 時頃~
    第二希望: 時頃~
    第三希望: 時頃~

    パーソナルトレーニング(オンライン)、オンラインジムROOMの新規受付中