「ジムのランニングマシン」と「屋外を走る」どっちが痩せる?

2018.07.26 (木)

 

 

 

「ジムのランニングマシン」と「屋外を走る」では、どちらが痩せるのでしょうか。走るという動作は同じなので、一見同じように思うかもしれませんが、実はダイエットの効果は違います。

 

 

結論からいえば、屋外を走る方が痩せやすいです。同じ速度・同じ時間を走ったとしても、運動量が違います。ジムのランニングマシンでは、ベルトコンベアーの上を走っているので、実際は自分の力で前に進んでいるわけではありません。

 

 

ジムのランニングマシンは乗っているだけで勝手に進みます。傾斜角度0%で使用すると、屋外の「下り坂」を走っているのと同じくらいの運動量になります。平らな道を走るのと同等の運動量にするためには、傾斜角度を3%以上にする必要があります。

 

 

さらに傾斜角度を上げていくと「上り坂」を走っているのと同じ状態になります。走り慣れている人は5~8%ほどの傾斜をつけて走ってみましょう。

 

 

よく見かけるNGなケースがあります。いつも屋外で30分ランニングをしている人が、「今日は雨が降っているからジムで30分走ろう」といって、ジムのランニングマシンで30分走ります。残念ながら、それでは運動量は同じにはなりません。

 

 

ジムのランニングマシンではエネルギーの消費量が少なくなってしまうため、ダイエットを目的としている人は屋外を走るのがベストです。

 

 

関連記事⇒「走ると脇腹が痛くなる3つの原因と対処法」

 

 

 

ジムのランニングマシンのメリット

 

ダイエットにおいては屋外を走る方がいいとお伝えしましたが、ジムのランニングマシンを使うメリットもあります。それは膝や腰などにかかる負担が少ないということです。

 

 

ジムのランニングマシンはコンクリートと違い、着地の際に体への負担が軽減されるように作られています。屋外を走ると膝が痛くなるという人でも、ランニングマシンであれば痛みが出ずに長く続けられるという人もいます。

 

 

また、屋外は信号待ちなど走るペースが乱れますが、ジムのランニングマシンは一定のリズムで走れます。天候に左右されたり、風の抵抗もないので、快適にランニングを楽しめます。

 

 

「ジムのランニングマシン」と「屋外を走る」。それぞれにメリット・デメリットがあります。あなたの運動レベルや、その日の体調に合わせて選んでみましょう。

 

 

関連記事⇒「ランニングマシンの使い方。速度、歩き方、シューズ選びのコツ」

 

 

ランニングマシンパーフェクトガイド

 

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれない豆知識


無料メルマガ登録フォーム
お名前
メールアドレス

 

 

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 「ジムのランニングマシン」と「屋外を走る」どっちが痩せる?

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP