「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

体質別のダイエット法。太りやすい人と痩せやすい人の運動の違い

2019.04.20 (土)

体質別のダイエット法

人には3つの体質があります。太りやすい体質、筋肉質な体質、痩せやすい体質の3つです。専門用語で、「内胚葉」「中胚葉」「外胚葉」といいます。これらの体質の特徴と、おすすめのダイエット方法を紹介します。体質は生まれつきのものもありますが、体型は食事や運動によって変えられます。

 

 

太りやすい体質(内胚葉型)

 

内胚葉タイプの特徴

・お腹やおしりなどに脂肪がたまりやすい
・内臓脂肪よりも皮下脂肪の方が多い
・肥満になりやすい
・比較的体が軟らかい

 

おすすめダイエット方法

筋トレで筋肉量を増やすことは大切ですが、脂肪量も多いため、脂肪をエネルギーにする運動がポイントです。例えば加圧トレーニングの様に筋肉量も増やしつつ、脂肪燃焼をメインに行いましょう。筋トレとウォーキングなどを合わせて行なうと効果的です。好きな運動にばかり偏らないように気をつけましょう。

 

 

筋肉質な体質(中胚葉型)

 

中胚葉タイプの特徴

・内胚葉型と外胚葉型の間
・筋肉や骨格筋の発達が良い
・ラグビー選手などの体が大きい人に多い
・急に運動をやめたり、筋肉量が減ると肥満になりやすい

 

おすすめダイエット方法

ダイエットでは筋トレと有酸素の両方を継続的にコツコツ行っていきましょう。元々筋肉量も多いので、消費エネルギーも多いです。食事制限をして筋肉量を失うよりも、消費エネルギーを多くするのがポイントです。筋肉がつきやすいので、女性はあまり負荷をかけずにエクササイズを行ないます。痩せたいのに体がたくましくなってしまう方は運動内容と負荷のかけ方を見直しましょう。

 

 

痩せやすい体質(外胚葉型)

 

外胚葉タイプの特徴

・細身の人が多い
・筋肉も脂肪も付きづらい
・皮膚や神経が発達している
・過敏になりやすい

 

おすすめダイエット方法

ダイエットをする時は、ピラティスやヨガなどをメインとして神経のバランスを整える事を中心にしていくのがオススメです。見た目を変えるために、まずは体の内側からアプローチをかけます。筋トレをする際は、太ももや背中などの大きな筋肉を使ってあげましょう。

 

 

まとめ

ダイエットを始める時は、まず自分の体型・体質がどのようなものなのかを知り、自分に適した運動を選択する事が大切です。がんばっているのに、なりたい体と違うと感じる場合はトレーナーに一度確認をしてもらいましょう。

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『体質別のダイエット法。太りやすい人と痩せやすい人の運動の違い』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~