心と体を整えるコラム更新中!
セカンドフィットネス」で検索してください

「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴14年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

ダイエット挫折の原因!「インスタ映え」を意識しすぎた結果

2017.10.02 (月)

ダイエット中にSNSを使うときは投稿内容にも注意が必要です。SNSの中でも最近は「インスタ映え」という言葉をよく耳にするようになりました。良い写真を投稿するといいねがたくさん増えて、インスタグラム内で人気者になれるのです。

 

しかし、その「インスタ映え」がダイエット挫折の原因になる場合もあります。特にダイエット中にも関わらず、食べ放題・ビール・スイーツ等の投稿ばかりの人は気をつけましょう。ダイエット挫折の原因になる投稿には3つのデメリットがあります。

 

意志の弱い人だと思われる

あなたの影の努力は他人には伝わらず、ダイエット中なのに暴飲暴食している人だと思われてしまいます。裏でどんなに頑張っていても、表に見えるのがそのような投稿ばかりだと、「口ではダイエット中だと言っているけど行動が伴っていないんだな」と思われてしまいます。

 

心理学にピグマリオン効果とゴーレム効果があります。ピグマリオン効果というのは、人は期待されたとおりの成果が出やすいというもの。逆に「あいつは口だけだ」と思われてしまうと、まわりからの応援がなくなります。すると、成果が出にくいゴーレム効果になってしまうのです。

 

食いしん坊が周りに増える

周りからのあなたの印象は、「よく食べる人」「お酒好き」「甘党」だと思われます。同じような仲間が集まり、お誘いも増えていきます。

 

ダイエットに挫折する理由には「職場の人がいつもお菓子をくれる」「飲み会のお誘いが断れない」など、望んでいない飲食があります。その引き金となっているのが、あなた自信のSNS投稿によるものかもしれません。

 

他人軸で動くようになる

SNSでスイーツの写真をたくさん投稿すると、美味しいケーキ屋さんに詳しい友達からのコメントが途絶えなくなります。SNSがコミュニケーションツールのメインになるのです。

 

特に女性はお付き合いを大切にします。リア充を求めるあまり、ダイエットをしていることを忘れてしまいます。紹介されたお店に実際に行ってみて、写真を撮ってまた投稿する。そのように自分軸ではなく、他人軸の中で動くようになってしまいます。

 

私のSNS成功例と失敗例

私は以前、3日間のファスティング(断食)を行いました。一人で3日間も行うのはツラかったのでFacebook(フェイスブック)に随時状況報告をしていました。すると見てくれている友人から励ましの言葉や、中には「私もやりたい」と言って、一緒にファスティングをしてくれる人もいました。

 

また、食事に気を使っていることを知った友人からは、オーガニック食材を扱った飲食店を紹介してもらいました。今まであまり付き合いの無かった友人が今ではダイエット仲間になっています。

 

失敗例を紹介します。トレーナーなのにラーメンを食べたり、スイーツを食べている姿を投稿していました。もちろん毎日食べている訳ではないですし、トレーニングもちゃんと行っています。しかしそのような投稿が続いたことで「本当にダイエットのトレーナーなの?」「自分の身体の管理は出来ているの?」と思われてしまいました。

 

実際の食生活では納豆をよく食べます。しかし納豆は「インスタ映え」しないのでSNSに載せたことはありません。週5で食べている納豆よりも、たまにしか食べないラーメンやスイーツの写真を投稿することで、それらの印象が強くなってしまったのです。

 

SNS投稿というのは、その人の生活の一部を切り取ったものにすぎません。しかし見ている人はSNSの内容によって相手の人物像を形成していきます。

 

SNSがあなたのダイエットに影響なければ構いません。しかし、もしもSNSの投稿内容が、ダイエット挫折の原因になっているのなら、投稿する写真を意識してみましょう。

 

  • 毎日残業が続いていて寝不足
  • 朝起きた時にすでに疲れている
  • ストレスによる過食で太った
  • 休日に趣味を楽しむ余裕がない
  • 自律神経の乱れに悩んでいる
  • 挫折や失恋から自信を失くした
  • 朝の通勤電車や会議中にお腹が痛くなる
  • 常に緊張していて不安感がある

など、メンタル不調にお悩みの方に向けた運動指導・健康セミナー・オンライン講座・遠隔レッスン・各種イベントをご提供しています。

セカンドフィットネスの専門家・『ストレス解消の超正攻法』など5冊の著者・武内教宜による実践的なノウハウとサポートです。

武内教宜 著書5冊の表紙

部活の体罰やパワハラがきっかけで、15歳でパニック障害に。外出ができず、自傷行為を行うような状態になるが、体を動かすことで自律神経が整い、パニック障害を克服。

健康を取り戻した後は、ジムのインストラクターとして社会復帰し、2014年にフィットネススタジオを開業。
パニック障害歴10年、運動指導歴14年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。

まずは、「最適なストレス解消法が見つかる【5ステップ無料メール講座】」や「自律神経を整えるメンタルフィットネス動画セミナー(入門編)」にお申し込みください。

以下より「『我慢しない・無理しないダイエット』無料メール講座」もぜひご登録ください。

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:武内教宜

1985年生まれ。埼玉県出身。運動指導歴14年、パニック障害歴10年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。専門分野は運動とストレスケアを組み合わせたメンタルフィットネス。

著書「ストレス解消の超正攻法」をはじめ、健康本を5冊出版。Amazonカテゴリー1位を獲得。東洋経済オンラインやYahoo!ニュースなど大手Webメディアで専門家記事を執筆。スポーツ専門学校の非常勤講師として学生向けの加圧トレーニング授業も担当。

関連する投稿

▼『ダイエット挫折の原因!「インスタ映え」を意識しすぎた結果』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~