「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

筋肉を柔らかくする方法。質の高い筋肉をつくるコツ

2019.02.10 (日)

「筋肉には硬い筋肉と柔らかい筋肉があると聞きます。アスリートなんかは普段は筋肉が柔らかくて、力を入れると硬くなるそうですが、そのような質の良い筋肉ってどうすれば作れますか?」というご質問をいただきました。実は筋肉はみんな同じで、力を入れると硬くなり、力を抜けばやわらかくなります。なので全員が持ち合わせているものなのです。

筋肉が硬くならない理由

まず力を入れても硬くならない理由は3つあります。「筋力不足」「意識ができていない」「筋肉の上に脂肪が乗っている」の3つです。単純に筋力不足だと、力を入れても硬さを確認できるだけの筋肉がありません。また力を「入れる・抜く」の意識ができていないと、同じく硬さを確認できません。そして筋肉を鍛えても、その上に脂肪が乗っていたら触った感じはプニプニしています。

 

 

筋肉を柔らかくする方法

やわらかい筋肉の作り方ですが、力を抜けば誰でもやわらかくなります。柔らかくならない原因は「体のリラックス状態が作れていない」「疲労がたまって筋肉が張っている」の2つが考えられます。アスリートは、体のON・OFFの切り替えが上手です。体を脱力させることで筋肉がやわらかくなります。しかし、一般の人は常に体が緊張している状態なので、筋肉が硬いままなのです。またデスクワークで上半身が凝り固まったり、外回りの営業で歩き回って脚がパンパンに。立ち仕事で下半身の血行が悪くなります。

 

 

鍛えるよりもメンテナンス


やわらかい筋肉を作るには「鍛え方」ではなく「メンテナンス」を意識しましょう。ゆっくりお風呂に入ったり、ストレッチで伸ばしたり、 ・マッサージでほぐすことが大切です。このように筋肉の緊張・張り・疲労を取ることがやわらかい筋肉をつくるポイントとなります。

 

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『筋肉を柔らかくする方法。質の高い筋肉をつくるコツ』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~