お役立ちコラム更新中!
セカンドフィットネス」で検索してください

エアロバイクと自転車はどっちが痩せる?【トレーナーが解説】

2023.09.11 (月)

体重を減らしたい・痩せたい

エアロバイクと自転車はどっちが痩せますか?

有酸素マシンの「エアロバイク」と、クロスバイクやロードバイクなどの屋外を走る「自転車」

同じようなバイク運動ですが、どちらが痩せるのでしょうか?

今回はジムのレッスンでエアロバイクを使い、趣味でもクロスバイクを漕いでいるトレーナーが、それぞれのメリット・デメリットを比較します。

武内教宜
武内教宜
動画でも解説しています!

比較1.ペダルを漕ぐ動作

 

自転車は「最初の一漕ぎ」こそ漕ぐのに力が必要ですが、勢いに乗ってしまえば、その後はペダルを漕がなくてもスーッと前に進みます。

一方でエアロバイクは、足を止めると動きも止まってしまうため、漕ぎ続けなければなりません。

そのため、勢いに乗ってしまえば漕がなくても前に進む自転車と違い、ずっとペダルを漕ぎ続けるエアロバイクの方がカロリー消費が大きいです。

 

比較2.負荷(運動強度)

エアロバイクを漕ぐ女性

 

自転車は下り坂のときは足を動かさなくても進みますが、登り坂のときはペダルを漕がないと登っていけません。

また、追い風のときはあまり力を入れなくてもスーッと進んでいきますが、向かい風のときは一生懸命漕がないと前に進めません。

一方でエアロバイクは坂道や 風の影響は受けませんが、自分で好きなように負荷を調整することができます。

なので、負荷(運動強度)に関しては状況によって異なるため、どちらがカロリーをたくさん消費するかは断言できません。

 

比較3.全身の消費カロリー

 

自転車は自分でハンドルを操作する必要があるため、上半身の筋肉も使います。

また、転倒のリスクもあるため、体幹を使ってバランスを取るようになります。

一方でエアロバイクは、ハンドル操作をしないので上半身は使いませんし、転倒のリスクもないので体幹でバランスを取る必要もありません。

そのため、自転車の方が全身の消費カロリーが大きいと言えます。

 

比較4.運動する環境

 

自転車は屋外を走るので天気の影響を受けます。

1時間漕ごうと思っていても途中で雨が降ってきてしまうなど、自分の思い通りに運動できないこともあります。

一方でエアロバイクは天候に左右されないため、自分が決めた時間を最後まで行えます。

消費カロリーは「運動強度×時間」で計算されるので、どんなにいい運動でも短時間では消費カロリーは少ないです。

そのため、運動時間を確実に確保できるエアロバイクの方が消費カロリーは増やしやすいと言えます。

ただし、エアロバイクは飽きやすいので「途中で飽きて10分で止めてしまった」となりがちです。

その点、自転車は景色が変わったり、風を切って気持ちよかったり、片道を30分走ったらそのまま30分かけて帰ってくるなど、楽しく長時間運動できます。

なので運動があまり好きではない人や、モチベーション維持が苦手な人にとっては、自転車で屋外を走った方が楽しく続けられるかもしれません。

 

まとめ

 

今回は4つの視点で自転車とエアロバイクを比較しましたが 、どちらにもメリット・デメリットがあります。

私が実際にジムのお客様から「どちらがいいですか?」と聞かれたときは「好きな方を選んで大丈夫ですよ」 と答えています。

そのときの気分で決めてもいいですし、エアロバイクを持っている人はエアロバイク、自転車を持っている人は自転車を漕いでみてください。

 

武内教宜 著書5冊の表紙 セカンドフィットネススタジオでは、
  • 産後に増えた体重が戻らなくなった
  • ズボンのボタンがとまらなくなった
  • 「おばさん」と言われることが増えた
  • 旦那から女性として見られなくなった
  • 肌のハリやツヤが無くなってきた
  • 健康診断でメタボ腹だと言われた
  • 食事制限をしても体重が落ちない
  • 体力低下、疲労、体の衰えを感じる

など、40代からの体の悩みがある方に向けた運動指導・健康セミナー・オンライン講座・遠隔レッスン・各種イベントをご提供しています。

ジムインストラクターであり、『ダイエットは目標設定が9割』などダイエット・健康本の著者でもある武内教宜による実践的なノウハウとサポートです。

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:武内教宜

1985年生まれ。埼玉県出身。ジムインストラクター。運動指導歴15年の経験から、40代のオトナ女子・男性がもう一度輝く「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。専門分野は加圧トレーニングを用いたダイエット指導。

著書「ダイエットは目標設定が9割」をはじめ、ダイエット・健康本を多数出版。Amazonカテゴリー1位を獲得。Webライターとしても活動し、東洋経済オンラインやYahoo!ニュースなど大手Webメディアで記事を執筆。スポーツ専門学校の非常勤講師として学生向けの加圧トレーニング授業も担当。

関連する投稿

▼『エアロバイクと自転車はどっちが痩せる?【トレーナーが解説】』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

    お名前 *
    メールアドレス *
    お電話番号
    件名 *
    お問い合わせ・
    ご相談内容 *
    ご希望日
    レッスンをお申込みの方のみ*
    第一希望: 時頃~
    第二希望: 時頃~
    第三希望: 時頃~