「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

フィジーク大会やベストボディジャパンに出場する前に考えたいこと

2017.01.08 (日)

「フィジーク大会やベストボディジャパンには出ないのですか?」と聞かれました。私は出る予定はありません。フィジーク大会やベストボディジャパンというのは、かっこいい体を決めるコンテストです。結論からいえば、出たい人は出ればいいし、そうでない人は出なくていいです。

 

 

ジムよってはトレーナーから「ぜひコンテストに出ましょう」と、半ば強制的に勧められ、断るとトレーニングに対して本気じゃないといった扱いにされてしまうという話も聞いたことがあります。

 

 

これはフィジーク大会に限らず、ランニングをしている人に「ホノルルマラソンを目指しましょう」とか、自転車に乗っている人に「センチュリーライドに出ましょう」と提案するジムもあります。あくまでも提案ならいいのですが、誰かに強制されて出るものではありません。

 

 

たしかに出場者の体はかっこいいと思います。しかし、私が目指している体ではありません。誤解のないように言っておくと、フィジーク自体は好きです。ただ、セカンドフィットネスではトレーニングをする目的を明確にしながらワークアウトを行なっています。

 

 

筋トレをしているからフィジーク、ベストボディ、ボディービルをやるのではなく、理想の自分の姿に近づけるために行ないます。あなたが目指す理想の姿がベストボディジャパンであれば出場すればいいですし、そうでなければ出る必要はありません。

 

 

トレーニングには「特異性の原則」があります。目的に合わせたトレーニングをすることで目標達成に近づきます。たとえば野球のピッチャーが走りこみをしても急速は上がりません。サッカー選手がベンチプレスをしてもサッカーの技術は上がりません。

 

 

サッカー選手に「アスリートならベンチプレスを上げてみろ」と言っても、そもそもトレーニングの目的が違うので意味がないのです。

 

 

私はトレーナーとしてレッスンをしたり、セミナー講師としても登壇しています。そこで体調を崩さない体を作ったり、スーツを着こなせる体を作っています。コンテストに出場するための体作りとは異なります。

 

 

ちなみに、もしも私が競技として行なうのであれば、もっとスタミナと俊敏性を高めて、もう一度フットサルに挑戦します。フットサルをプレーする上で、胸板の厚みや肩幅の広さは必要ないのです。

 

 

流行りに乗ってやみくもに行ってしまうと、望む成果が出せないまま挫折してしまいます。一時的に目標を達成しても、燃え尽き症候群になってしまいます。トレーニングをする時は目的や目標を考えながら、それに合わせてワークアウトを行ないましょう。

 

 

スポーツクラブでは教えてくれないダイエット心理学

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『フィジーク大会やベストボディジャパンに出場する前に考えたいこと』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~