コロコロ(腹筋ローラー)の使い方!初心者がやりがちなNGフォーム3つ

2018.01.23 (火)

コロコロとも呼ばれる腹筋ローラーは、ホームセンターなどで2000円程度で購入でき、筋トレ初心者や女性にも人気です。しかし、腹筋ローラーを使っていて「腰が痛くなった」「手首を痛めてしまった」という経験がある人もいるのではないでしょうか。

 

 

腹筋ローラーは自宅で使える器具なので、ジムでインストラクターから習って行なうよりも、初心者が自宅で行なうケースが多いです。そのため、正しい使い方を知らずに体を痛めてしまったり、思うような効果が出ていない人が多いのです。

 

 

コロコロ(腹筋ローラー)初心者がやりがちなNGフォームを3つ紹介します。使い方を習ったことがない方や、いまいち効いているのかわからないという方は、ぜひ動画で確認してみてください。

 

 

間違い1.背筋を伸ばしたまま行なう

 

 

背筋を伸ばしたまま行なった方が良いフォームに思えますが、腹筋ローラーは背中を丸めながら行なうのが正解です。なぜなら腹筋は「伸び縮み」によって鍛えられるからです。

 

 

背筋を伸ばしたままでは腕だけを使ってしまい、お腹にうまく効きません。腹筋ローラーを使う時はお腹の伸び縮みを意識しながら使うのがポイントです。特に筋トレ初心者ほど、背筋を伸ばした方が正しいフォームだと思いがちですが、背中も意識しましょう。

 

 

また、背中を伸ばしたままでは腰痛の原因にもなってしまいます。もしも腹筋ローラーを使って腰が痛くなりやすい方は背中を丸めながら行なってみましょう。

 

 

 

間違い2.手首が返っている

 

コロコロのグリップ部分を持つときの手首が返ってしまう人も多いです。手首を傷めないためにも、手首の角度をまっすぐにして固定するのが正しい使い方になります。

 

 

お腹のエクササイズなのでお腹に意識がいきがちですが、手首などの細かい部分も意識することで、正しい使い方ができ、より効果的にお腹を鍛えることができます。

 

 

 

3.負荷が逃げている

 

コロコロ(腹筋ローラー)はその名の通り、床の上をコロコロと転がしながらお腹を鍛えます。このときに多くの人が、1回1回スタートポジションに戻っています。これは負荷が逃げてしまっている状態となります。

 

 

筋トレは常に筋肉に負荷をかけ続けることで効果が倍増します。そのため、1回ずつ元の位置に戻るのではなく、途中で止めて、続けて2回目を行ないましょう。

 

 

 

 

 

自宅でできるエクササイズ動画

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: コロコロ(腹筋ローラー)の使い方!初心者がやりがちなNGフォーム3つ

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP