「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

腹筋の正しいやり方。必ず知っておくべき2つのポイント

2017.07.18 (火)

お腹をへこませたい

腹筋の正しいやり方

 

今回の動画では腹筋の正しいやり方を紹介します。まず腹筋には「シットアップ」と「クランチ」という2種目があります。起き上がる動作が一般的に行なわれているシットアップという腹筋ですが、初心者はおへそをのぞき込むクランチから行なってみましょう。

 

正しい腹筋(クランチ)のやり方には、知っておくべきポイントが2つあります。1つは床から45度まで持ち上げること。シットアップのように体を起き上がらせるとお腹の力が抜けてしまいます。45度まで持ち上げたらゆっくり下ろしていきましょう。

 

もう1つは背中を丸めながら行なうことです。背筋を伸ばしたまま行なった方がキレイな姿勢だと思いがちですが、筋肉は伸び縮みによって鍛えられます。背骨を1つずつ折り曲げていくようなイメージで、体を丸めていきましょう。

 

そしてこの動作中に首が痛くなってしまう方もいます。男性は勢いをつけてしまい首に負担がかかる。女性は腹筋の力が弱く、起き上がる時に全身に力が入り過ぎている。そんな事がよく起きてしまいます。

 

頭の重さは体重の1/10程あるのをご存知でしょうか。私の場合は体重60kgなので、6kgくらいの重さです。ボウリングの球を首1本で支えているような状態です。それだけ首には負担がかかっているのです。

 

腹筋動作で首に負担がかからない方法は、首を固定すること。目線が上を向いたり下を向いたりするような動作は、頭が上下に動いてしまうので、首に負担がかかってしまいます。頭の後ろに軽く手を添えて負担を和らげてあげましょう。手に力を入れ過ぎると、逆に首を痛めてしまうので、あくまでも軽く添えましょう。

 

さらに呼吸の方法にも注意しましょう。息を「フゥー」と吐くと首の筋肉が使われやすいのでタメ息を吐くように「ハァー」と呼吸しましょう。呼吸時の口の形は「ウ」の口ではなく「ア」の形を作ります。

 

また、首の筋肉を使うというのは悪い事だけではありません。首周りにはたくさんの神経が通っていますし、体の中でも大事な場所ですので適度に鍛えてあげましょう。

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『腹筋の正しいやり方。必ず知っておくべき2つのポイント』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~