「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

ダイエットの運動メニューを自分で作るときのポイント

2019.01.06 (日)

「ダイエットに効果的なエクササイズを知りたい」「マシンの使い方を覚えたので今度は自分用のメニューがほしい」「トレーナーはつけずに、自分で運動メニューを組めるようになりたい」ジムに入会して一定期間が経つと、そのように考え始める方もいるのではないでしょうか。ダイエットの運動メニューは、ポイントを覚えれば自分で作ることができます。実際にトレーナーがクライアントの運動メニューを組むときのポイントを紹介します。今回紹介するのは、エクササイズの順番です。

好きなエクササイズから行うのはNG

 

自己流でダイエットをしている人は、好きなエクササイズから行ないがちです。二の腕が気になる人は二の腕から、お腹が気になる人はお腹から最初に鍛えます。しかしそれでは非効率な運動メニューとなってしまいます。

 

ダイエットの運動メニューを作るときは「複合関節運動」を最初に行い、その後に「単関節運動」を行ないます。専門用語でむずかしいと感じるかもしれませんが、これはエクササイズ中にいくつの関節を動かしているかというものです。

 

体にはたくさんの関節があります。肩・肘・手首・股・膝・足首など。この関節を複数使うエクササイズを最初に行なうのがポイントです。たとえば腕立て伏せやスクワットなど。これらはエネルギーの消費が大きいことに加え、ターゲット以外の筋肉も同時に鍛えられるので最初に行ないます。

 

ビギナーは「単関節運動」がおすすめ

 

ジムに入会したばかりの人や、運動歴が浅い人は、簡単なエクササイズから行ないましょう。アームカール、キックバック、レッグカールなどの単関節運動がおすすめです。

 

初心者がダイエットやジムを挫折してしまう理由の1つに、上級者のエクササイズを真似してしまうことが挙げられます。

 

誰が見ても上級者向けのエクササイズは「難しそう」「ツラそう」と自然と避けるようになります。しかし、一目ではわかりにくいものもあり、無意識に初心者が難しいエクササイズを選択してしまうのです。複合関節運動がまさにその例となります。

 

単関節運動のメリット

・鍛えたい筋肉をピンポイントに使える
・動きが簡単なので初心者向け

 

複合関節運動のメリット

・複数の筋肉を同時に鍛えられる
・動作が大きく、全身の代謝も上がりやすい

 

運動歴が浅い人やダイエット未経験者は、まずは単関節運動から行い、慣れてきたら複合関節運動に挑戦すると、効率よくエクササイズが上達します。

 

自宅でできるエクササイズ動画はこちら

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『ダイエットの運動メニューを自分で作るときのポイント』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~