「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

ダイエットで体重が「増える人」と「減る人」の違い

2018.04.02 (月)

 

ダイエットで体重が増える人と減る人の違いは「デトックス」にあります。代謝の良い人は、食べた分だけしっかりと排出しています。「10」食べたものを、「10」排出できていれば体重が増えることはありません。

 

ダイエットをしているのに体重が増えてしまう人は、食事量に対して排泄が間に合っていません。「10」食べて、「7」しか排出できなければ、残った「3」は、脂肪として体に残ってしまいます。

 

ダイエットが失敗しやすい人は、食べる量を減らそうとします。「10」食べていたところを「7」に減らそうと考えます。朝ごはんを抜く、炭水化物を控える、夕飯を食べないなど。しかし、デトックスする力が弱いと、食事量を「7」に減らしたところで、「4」しか排泄できなければ、やはり残った「3」は脂肪として体内に残ってしまいます。

 

逆にたくさん食べているのに痩せている人は、上手に排泄ができています。「12」食べても、「12」排泄できていれば体重は増えません。

 

ご飯を食べた分だけしっかりと排泄できれば、お腹に脂肪がつくこともなく、便秘によるお腹の苦しみから解放されます。

 

 

体重管理・デトックスの失敗談

食べた分だけ出せていれば太らないとはいえ、1つだけ気をつけたいポイントがあります。それは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。いくらデトックス(排泄)を改善しても、「摂取カロリー>消費カロリー」になってしまうと体重は増えます。

 

よくありがちなのが、高たんぱく低脂質の食事に変えたのに太ってしまう人。これは食事の質やデトックス以前に、食べすぎが原因であるケースが多いです。ダイエットのためにお肉と野菜中心の食生活にした方が、2ヶ月で2kg増えてしまったという失敗例があります。

 

レッスンの中で食べているものをお聞きしているだけだったので、「そのような食事メニューなら大丈夫ですよ」とお伝えしてしまいました。しかし、2ヶ月経っても体重が落ちず、食べている食事の写真を送ってもらうと、一般の人の1.5倍ほど食べているという事実がわかりました。

 

まとめ

食べた分だけ出せる体を作ること。摂取カロリーを消費カロリー以下に抑えること。この2点をしっかりと抑えておけば、ある程度好きなものを食べても、体重を減らすことができます。

 

 

【無料メール講座】運動が苦手でも続けられるダイエット

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『ダイエットで体重が「増える人」と「減る人」の違い』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~