「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

ダイエットしないのも正解。やる気が出ないのも悪くはない

2016.11.18 (金)

ダイエットしないのも正解。やる気が出ないも悪くはない

ダイエットをしたいけど、いまいちやる気が出ないという人もいます。それを悪いことだと思っている人もいます。ですが、やる気というのは、その人の困り具合を表すものでもあります。はじめは一生懸命取り組んでいた人が、少しずつトレーニングをする頻度が減ったり、本気度が下がってきます。

 

 

その理由はダイエットをすることによって体が変わり、ダイエット開始直後ほどの悩みではなくなってきたというケースが多いです。ジムに入会した時は体の状態が一番悪いときです。なので必死になって運動します。1年、2年と過ぎてくると、段々とスタイルが良くなってきます。悩みの度合いが小さくなってくるということです。

 

 

私はトレーナー・セラピスト向けのサポート業も行なっています。その中でまさに同じようなことがあります。高収入の旦那さんがいるAさんと、シングルマザーで3人の子供がいるBさん。Aさんは自分が働かなくても豊かな生活ができます。Bさんは自分が働かないと子供たちがご飯を食べることができません。

 

 

AさんとBさんの2人に同じ課題を出しても取り組む姿勢が違うのです。Aさんの本気度が低いからといって、それは悪いことではありません。Aさんはそこまで必死に働く必要がないのです。旦那さんの稼ぎがありますから。なので悪いことではありません。

 

 

ダイエットでも同じです。医者から来月までに10kg痩せなければ入院だと言われた人は必死にダイエットをします。実際に医者に勧められてダイエットをしている人の成功率は70%以上というデータもあるくらいです。人はやらざるを得ない状況になると、必死に行動するものです。

 

 

私はよくスイーツを食べますが、「ダイエット中なのに甘いものを食べてしまった」と落ち込みはしません。「好きなものを食べることができる健康状態にあるんだ」と考えます。もし私が自分の体に危機感を強く抱いていれば、他人から指摘される前にスイーツを控えるでしょう。

 

 

もちろん、病気になってからでは遅い。洋服が着られなくなってからでは遅い。夏前に慌ててダイエットをしても遅い。このようなことはあります。常日頃から体作りを心掛けておくことは大切です。しかし、もしもやる気が出ないことが悪いことだと思って落ち込んでいるのであれば、それは気にしなくて大丈夫です。またやる気が出てきたとき(ダイエットが必要になったとき)に行動しましょう。

 

 

効率よく痩せるならこちら(無料小冊子)

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『ダイエットしないのも正解。やる気が出ないのも悪くはない』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~