心と体を整えるコラム更新中!
セカンドフィットネス」で検索してください

「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴14年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

ダイエットに豆腐が不向きな意外な理由4つ

2019.12.07 (土)

体重を減らしたい・痩せたい

ダイエット中に豆腐を食べている人をよく見かけます。実際に「食事を豆腐に変えて1週間続けましたが、体重が1kgも落ちません」というご相談をいただいたこともあります。一見ヘルシーに思える豆腐が、なぜダイエットに不向きなのでしょうか?

理由① 脂質が多い

 

同じ大豆製品である納豆と比べると脂質が高いです。納豆1パックと豆腐1丁を比べると、豆腐の方が2倍以上も脂質が多いです。

 

もちろん納豆1パックと豆腐1丁では総量が違うので、正確な比較にはなりませんが、1食あたり豆腐を1丁食べたとしたら、納豆よりもはるかに高カロリーとなります。

 

たとえば「ダイエット中はお肉を食べると良い」と聞いて、痩せる人はヒレ肉を食べ、太りやすい人はカルビを食べます。どちらも同じ「肉」ですが、ヒレ肉とカルビでは栄養成分がまったく違います。

 

大豆製品に置き換えて考えてみると、納豆はヒレ肉、豆腐はカルビというイメージです。食品のカテゴリーだけで考えず、1つ1つの食材を見るようにしましょう。

 

 

理由② 便秘になりやすい

 

豆腐ばかり食べていると栄養バランスが崩れ、腸内環境が乱れます。豆腐は大豆タンパクなので、食べすぎると腸内の悪玉菌が増えます。

 

腸内細菌には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3種類あり、それぞれのバランスは「善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」が理想です。善玉菌が優位の時は日和見菌が見方をしてくれて、腸内を良い状態に保ってくれます。

 

しかし、タンパク質を摂りすぎることで悪玉菌が増え、日和見菌も悪玉菌の働きをするようになってしまいます。

 

腸内環境が乱れることで痩せにくく、太りやすい体質になってしまいます。快便はダイエット成功の証といいますが、お通じを良くするためにも偏った食事内容はおすすめできません。

 

 

理由③ 腹持ちがよくない

 

豆腐をたくさん食べると満腹になりますが、あまり腹持ちはよくありません。豆腐1丁がご飯お茶碗1杯と同じくらいのカロリーですので、普通にご飯を食べた方が腹持ちはいいです。

 

ダイエット中にタンパク質を摂るのが目的であれば、お肉や魚を食べた方が腹持ちがいいのでおすすめです。

 

 

理由④ 生理周期が乱れやすい

 

女性は大豆イソフラボンを過剰に摂りすぎると生理周期が乱れてしまう可能性があります。イソフラボンの摂取量の目安は、1日あたり70~75mgです。1日の必要量でいえば、豆腐1/2丁ほど食べれば十分です。

 

イソフラボンを摂りすぎると女性ホルモンのバランスが崩れます。エストロゲンの分泌が乱れるため、生理不順や乳がんにつながる可能性もあるといわれます。ダイエット中に3食豆腐にすると摂りすぎになりますので注意してください。

 

 

ダイエット中の豆腐の食べ方

 

豆腐ダイエットはあまりおすすめしないとお伝えしてきましたが、豆腐を食べること自体が悪いわけではありません。ダイエット中に豆腐を食べる時は、食事メニューの中の1品として取り入れるようにしましょう。

 

湯豆腐にしたり、味噌汁の具として使っても大丈夫です。豆腐1品だけを食べ続けるダイエットでは痩せにくいですが、食材の1つとして料理に使う分には問題ありません。

 

1つの食材ばかり食べる単品ダイエットではなく、バランスよく栄養を取りながら、健康的に痩せるダイエットを行いましょう。

 

  • 毎日残業が続いていて寝不足
  • 朝起きた時にすでに疲れている
  • ストレスによる過食で太った
  • 休日に趣味を楽しむ余裕がない
  • 自律神経の乱れに悩んでいる
  • 挫折や失恋から自信を失くした
  • 朝の通勤電車や会議中にお腹が痛くなる
  • 常に緊張していて不安感がある

など、メンタル不調にお悩みの方に向けた運動指導・健康セミナー・オンライン講座・遠隔レッスン・各種イベントをご提供しています。

セカンドフィットネスの専門家・『ストレス解消の超正攻法』など5冊の著者・武内教宜による実践的なノウハウとサポートです。

武内教宜 著書5冊の表紙

部活の体罰やパワハラがきっかけで、15歳でパニック障害に。外出ができず、自傷行為を行うような状態になるが、体を動かすことで自律神経が整い、パニック障害を克服。

健康を取り戻した後は、ジムのインストラクターとして社会復帰し、2014年にフィットネススタジオを開業。
パニック障害歴10年、運動指導歴14年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。

まずは、「最適なストレス解消法が見つかる【5ステップ無料メール講座】」や「自律神経を整えるメンタルフィットネス動画セミナー(入門編)」にお申し込みください。

以下より「『我慢しない・無理しないダイエット』無料メール講座」もぜひご登録ください。

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:武内教宜

1985年生まれ。埼玉県出身。運動指導歴14年、パニック障害歴10年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。専門分野は運動とストレスケアを組み合わせたメンタルフィットネス。

著書「ストレス解消の超正攻法」をはじめ、健康本を5冊出版。Amazonカテゴリー1位を獲得。東洋経済オンラインやYahoo!ニュースなど大手Webメディアで専門家記事を執筆。スポーツ専門学校の非常勤講師として学生向けの加圧トレーニング授業も担当。

関連する投稿

▼『ダイエットに豆腐が不向きな意外な理由4つ』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~