ジムでトレーニング初心者がやりがちな間違ったストレッチ

2018.08.27 (月)

 

ジムでトレーニング初心者がやりがちな間違ったストレッチがあります。それは、首のストレッチです。トレーニング前に準備体操をするのは素晴らしいことですが、その準備運動で体を痛めてしまうこともあります。

 

 


まずは動画でご確認ください。

 

 

よく見かけるのが、頭を手で押さえながらの首のストレッチです。より伸びが強くなりますが、逆に痛めてしまう可能性があります。私はそのような負荷をかけるストレッチはおすすめしません。特に首周りはデリケートな場所なので、無理に伸ばさないように気をつけましょう。

 

 

頭の重さは体重の1/10もあると言われています。体重が60kgなら6kgです。ボウリングの球と同じくらいの重さがあるので、頭を傾けるだけで、あとは重力が手伝ってストレッチしてくれます。首の後ろを伸ばしたい場合は前に傾けます。首の前を伸ばしたい場合は上を向きます。

 

 

首の横を伸ばすときも、伸ばしたい側と逆に首を傾けるだけです。右側を伸ばしたい場合は左へ、左側を伸ばしたい場合は右へ傾けます。この時のポイントは、首の角度にあります。首を横に傾けるときの角度は50度までにしましょう。首を横に曲げすぎてしまうとケガの原因となりますので、注意が必要です。

 

 

間違いを修正するには10倍の練習が必要

ジム初心者の方は最初だけでもインストラクターのトレーニング指導を受けることがおすすめです。なぜなら、ジム初心者ほど習得がはやいからです。

 

 

新しい動きを身につけるには300~500回の反復練習が必要といわれています。一方で、既に身についている悪い癖を直すには3000~5000回の反復練習が必要となります。

 

 

ジム初心者が間違ったトレーニングやストレッチを反復すればするほど、脳と筋に誤った情報伝達回路が形成されてしまいます。一度間違って覚えてしまうと、直すのに10倍も努力が必要になるのです。

 

 

本来は1ヶ月で覚えられるトレーニングを、変なクセを直すのに10ヶ月。1年で覚えられるトレーニングを10年もかかってしまうのです。

 

 

ジム初心者の方は間違ったトレーニングやストレッチが身につく前に、インストラクターの指導を受けるようにしましょう。

 

 

 

 

チャンネル登録をお願い致します!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: ジムでトレーニング初心者がやりがちな間違ったストレッチ

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP