お役立ちコラム更新中!
セカンドフィットネス」で検索してください

「40代からの健康美」無料メール講座【週1配信】

オトナ女子・男性がもう一度輝くフィットネスメソッド

チートデイで失敗しやすい人の3つの特徴

2020.10.16 (金)

体重を減らしたい・痩せたい

チートデイというのは、ダイエットや減量中に1日だけドカ食いをして停滞期を脱出するテクニックです。このチートデイは失敗すると体重が増えてしまいます。そこで本記事では、チートデイで失敗しやすい人の特徴についてお話しします。

チートデイの条件7つ

 

チートデイは停滞期を脱出するテクニックで、次の条件を満たしている状態で行うほど成功率が高まります。今後、チートデイを行ってみようと考えている方や、効果を実感したい方は、7つ全てに当てはまった時に行ってみてください。

 

✅条件1.体脂肪率が30%以下であること
✅条件2.日頃から食事制限をしていること
✅条件3.現在、停滞期中であること
✅条件4.基礎代謝の3倍のカロリーを摂ること
✅条件5.一日限定で行い、翌日には元の食事に戻す
✅条件6.健康状態が良いこと
✅条件7.体のことを熟知していること

 

 

チートデイの頻度の目安

 

チートデイをどれくらいの頻度で行うかは、現在の体脂肪率によって異なります。まずは自分の体脂肪率を測定し、適切な頻度で行うようにしましょう。

 

体脂肪率 頻度
30%以上  チートデイは無し
25~30%  3~4週に1回
20~25%  2~3週に1回
15~20%  1~2週に1回
10~15%  週1回
10%以下  週1~2回

 

【失敗1】知識が少ない状態で行ってしまう

 

チートデイに関する知識が無いままドカ食いをしてしまうと、失敗に終わる可能性が高まります。

 

チートデイは先ほどお伝えしたような条件を満たしている人が行うことで効果が得られるので、よくわからないまま見様見真似で行うのはおすすめできません。

 

✅ダイエットを始めてまだ数ヶ月
✅痩せる仕組みを理解できていない
✅テレビやYouTubeを観て最近知った
✅トレーナーの指導を受けていない
✅自己流でダイエットや筋トレをしている

 

ダイエットを始めたばかりの方が停滞期などの壁に直面した時は、まずは食事内容や運動内容の見直しから行うようにしましょう。

 

 

【失敗2】デメリットを見落としてしまう

 

チートデイは1日限定で、食事メニューを変えられます。ラーメンやパンケーキなど、ダイエット中はNGといわれるようなメニューも食べられます。

 

食事メニューにメリハリをつけることで、うまくいけばチートデイの翌日から体重が減っていきます。ですが、チートデイはメリットだけでなく「失敗すると体重が増える」というデメリットもあります。

 

「基礎代謝の3倍のカロリーを摂る」「翌日には元の食事メニュー(減量食)に戻す」など、正しいやり方があることを覚えておきましょう。「ダイエット中にラーメンを食べれるならラッキー♪」と軽いノリで行ってしまうと失敗します。

 

実際に私もチートデイを行った経験がありますが、満腹になって苦しい状態でもさらに食べないといけないので、気持ち悪くなりながら無理やり食べ物を口に詰め込みました。最初のひと口は幸せでしたが、後半はかなりツラかった印象があります。

 

このようにチートデイは良い面だけでなく、メリットとデメリットを理解した上で行うようにしましょう。

 

 

【失敗3】自己流で行ってしまう

 

私は過去に「チートデイをする時の条件7つ」というYouTube動画を投稿しました。その動画を見た視聴者の方が、条件を満たしていない状態でチートデイを行ってしまいました。

 

そして後日、コメント欄で「体重が増えて失敗に終わりました」という報告を受けました。

 

すべての人がトレーナーの指導を受けるべきとは思いませんが、リスクがあることに関しては経験者や指導者のサポートが必要になる場合もあります。

 

ダイエットの停滞期を脱出するためにチートデイを成功させたいと思ったら、経験者や専門家からのアドバイスを参考にしながら行ってみましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。これらがチートデイに失敗しやすい人の3つの特徴です。チートデイは正しく行えば停滞期を脱出できますが、100%成功できるものではありません。チートデイに失敗しないために、ご自身の体の状態と向き合い、正しい方法で行ってみてください。

 

\ 新規メンバー募集中 /

オンラインジム ROOM

セカンドフィットネスでは、「なりたい理想の姿を実現して、自分の体が好きになる」ようなメニューをご提供しています。

挫折しないで続けるためには、ご自身のお悩みやご要望、体と心の状態にあわせて、ご自身にとって効果的で最適な手段を選ぶことが重要です。

加圧トレーニング、酵素ダイエット、メンタルフィットネス、遠隔レッスンや無料・有料の教材などから最適な手段をご提案いたします。

おすすめメニュー診断はこちら »

  • 毎日残業が続いていて寝不足
  • 朝起きた時にすでに疲れている
  • ストレスによる過食で太った
  • 休日に趣味を楽しむ余裕がない
  • 自律神経の乱れに悩んでいる
  • 挫折や失恋から自信を失くした
  • 朝の通勤電車や会議中にお腹が痛くなる
  • 常に緊張していて不安感がある

など、メンタル不調にお悩みの方に向けた運動指導・健康セミナー・オンライン講座・遠隔レッスン・各種イベントをご提供しています。

セカンドフィットネスの専門家・『ストレス解消の超正攻法』など5冊の著者・武内教宜による実践的なノウハウとサポートです。

武内教宜 著書5冊の表紙

部活の体罰やパワハラがきっかけで、15歳でパニック障害に。外出ができず、自傷行為を行うような状態になるが、体を動かすことで自律神経が整い、パニック障害を克服。

健康を取り戻した後は、ジムのインストラクターとして社会復帰し、2014年にフィットネススタジオを開業。
パニック障害歴10年、運動指導歴14年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。

まずは、「最適なストレス解消法が見つかる【5ステップ無料メール講座】」や「自律神経を整えるメンタルフィットネス動画セミナー(入門編)」にお申し込みください。

以下より「『我慢しない・無理しないダイエット』無料メール講座」もぜひご登録ください。

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週
(29、30、31日)
営業時間 11:00~22:00
(最終受付20時)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

プロフィール:武内教宜

1985年生まれ。埼玉県出身。運動指導歴14年、パニック障害歴10年の経験から、過去に挫折した人の2回目の挑戦「セカンドフィットネス」をコンセプトに活動。専門分野は運動とストレスケアを組み合わせたメンタルフィットネス。

著書「ストレス解消の超正攻法」をはじめ、健康本を5冊出版。Amazonカテゴリー1位を獲得。東洋経済オンラインやYahoo!ニュースなど大手Webメディアで専門家記事を執筆。スポーツ専門学校の非常勤講師として学生向けの加圧トレーニング授業も担当。

関連する投稿

▼『チートデイで失敗しやすい人の3つの特徴』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

    お名前 *
    メールアドレス *
    お電話番号
    件名 *
    お問い合わせ・
    ご相談内容 *
    ご希望日
    レッスンをお申込みの方のみ*
    第一希望: 時頃~
    第二希望: 時頃~
    第三希望: 時頃~