「我慢しない・無理しないダイエット」無料メール講座

トレーナー歴13年、パニック障害を克服した代表トレーナーが独自に体系化した
心と体を整え、自信と健康を取り戻し、なりたい姿になれる「メンタルケア × 自分磨き」メソッド

「ダイエットは明日から」って、明日が来るのは当たり前じゃない

2017.01.11 (水)

先週の土曜日、私の弟がトラックにはねられた。埼玉県某所で起こった大事故だ。Yahoo!ニュースにも載ったので、知っている人もいるかもしれない。高齢者が運転するトラックが、歩行者を次々とはねていった。

 

 

被害者は20~50代の5人。その中の1人が私の弟だった。幸いなことに弟は軽傷で済んだ。他の被害者も全員軽傷で、ドライバーも命に別条はないらしい。

 

 

最近はこのような事故が多発している。自分が被害者になるかもしれないし、加害者になる可能性だってある。身内の事故を目の当たりにすると、明日が来るのが当たり前とは思えなくなる。

 

 

トレーナーとして活動していると「ダイエットは明日から」という台詞をよく聞く。だけど、本当にあなたに明日は来るのか。今日死んでも後悔しない生き方をしているか。

 

 

 

ダイエットをする人には色んな目的がある。痩せてオシャレを楽しみたい。きれいになって彼氏を作りたい。健康になって旅行に行きたい。それらが叶えばきっと幸せになれるだろう。それなのに「ダイエットは明日から」で済ませていいのか。

 

 

ダイエットなんてしたくないという人も多いだろう。運動すれば疲れるし、好きなものだけ食べていた方が幸せに感じる人も多い。あなたにとってそれが幸せなら、そうすればいい。

 

 

だけど考え方によっては、健康的に毎日を生きることだって幸せだと思える。ダイエットできることすら幸せに感じる。生きている証拠だから。

 

 

私はいつ死んでも後悔しない生き方をしたい。これはきれい事ではない。私はパニック障害がピークだった10代の頃、ハサミやカッターナイフで自分の腕を傷つけていた。別に死にたかった訳ではない。だけど、一歩間違えたら取り返しのつかない事になっていたかもしれない。

 

 

だからこそ、今は悔いのないようにやりたい事をやるようにした。とりあえず会社を辞めて独立した。その後、自分の城となるジムをオープンした。自己満と言われてもいい。自分を満足させられない人に、他人を満足させられないから。

 

 

次の夢だった本の出版も決まった。来月には私が書いたダイエット本が発売される予定だ。これでまた1つ、私が生きた証として残るものができた。もし私が死んだとしても、私が書いた本はこの世に残る。

 

 

あなたは後悔しない生き方をしているか。明日が来るかどうかもわからないのに「ダイエットは明日から」と言っていていいのか。幸せになることを先延ばしにするのは勿体ない。今を生きよう。

 

 

週1配信(日曜12時)無料メルマガ
スポーツクラブでは教えてくれないダイエット豆知識

体験レッスンのご予約・お問い合わせはこちら

定休日:毎週水・日曜日、毎月第5週(29、30、31日)

049-283-8363

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

▼『「ダイエットは明日から」って、明日が来るのは当たり前じゃない』の前後の投稿はこちら▼

ご予約・お問い合わせはこちら

お名前 *
メールアドレス *
お電話番号
件名 *
お問い合わせ・
ご相談内容 *
ご希望日
レッスンをお申込みの方のみ*
第一希望: 時頃~
第二希望: 時頃~
第三希望: 時頃~